接触仮説

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

接触仮説とは、異なる集団間の人々が相互に接触することで、お互いに対する偏見や差別を低減することができるという仮説です。

この仮説は、アメリカの心理学者、ゴードン・オルポートによって1954年に提唱されました。オルポートは、異なる集団の人々が接触する機会が少ないために、お互いに対する誤った知識や偏見が形成され、それが差別につながると指摘しました。

接触仮説は、その後の研究によって、多くの場合、その正しさが実証されています。例えば、1971年にアメリカで行われた研究では、白人と黒人の中学生をペアにして、共同作業をさせる実験が行われました。その結果、実験に参加した生徒は、実験前よりもお互いに対する偏見や差別が低減されたことが明らかになりました。

接触仮説が効果を発揮するためには、いくつかの条件が考えられます。具体的には、以下の4つの条件が挙げられます。

対等な地位での接触
親密な関係
制度的支援
表面的接触より親密な接触
対等な地位での接触とは、異なる集団の人々が、地位や権力において対等な関係にある場合に、接触の効果が高まることを意味します。例えば、白人と黒人が、職場や学校などの対等な環境で接触する機会が多い場合、お互いに対する偏見や差別が低減される可能性が高くなります。

親密な関係とは、異なる集団の人々が、親しい友人や家族など、親密な関係にある場合に、接触の効果が高まることを意味します。例えば、白人と黒人が、恋人や結婚相手など、親密な関係にある場合、お互いに対する偏見や差別が低減される可能性が高くなります。

制度的支援とは、異なる集団の人々が、接触を促進するような制度や環境が存在する場合、接触の効果が高まることを意味します。例えば、白人と黒人が、学校や職場などの制度において、共同作業や交流を促進するような環境が整っている場合、お互いに対する偏見や差別が低減される可能性が高くなります。

表面的接触より親密な接触とは、異なる集団の人々が、単なる挨拶や会話などの表面的な接触ではなく、共同作業や交流などの親密な接触を行う場合に、接触の効果が高まることを意味します。例えば、白人と黒人が、職場で同じプロジェクトを共同で行う場合、お互いに対する偏見や差別が低減される可能性が高くなります。

接触仮説は、偏見や差別をなくすための有効な手段として、近年注目されています。接触仮説を活用することで、異なる集団の人々の理解と共感を深め、より多様性のある社会を実現することができると考えられています。

https://blhrri.org/old/kenkyu/bukai/jinken/keihatsu/keihatsu_0005.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5