管理職になりたくない症候群とは、管理職になることに興味や意欲が持てず、管理職になることを拒否する心理状態を指す言葉

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

管理職になりたくない症候群とは、管理職になることに興味や意欲が持てず、管理職になることを拒否する心理状態を指す言葉です。

この症候群の具体的な原因は、以下のようなものが挙げられます。

  • 管理職の仕事内容や責任に魅力を感じない
  • 管理職になることで、自分の仕事やプライベートの時間が制限されると思う
  • 管理職になることで、人間関係のトラブルが増えると思う
  • 管理職になることで、自分のスキルや能力が活かせないと思う

この症候群は、近年、日本において増加傾向にあるとされています。その背景には、以下のようなものが挙げられます。

  • 管理職の負担や責任の増大
  • 管理職の待遇や評価の低下
  • 働き方改革の推進による、プライベートやワークライフバランスの重視

管理職になりたくない症候群は、決して悪いことではありません。しかし、管理職になることを拒否し続けると、以下のようなデメリットが生じる可能性があります。

  • 昇給や昇進の機会を失う
  • 年齢や経験に応じた仕事や役割を与えられない
  • 部下や後輩の成長を支援する機会を失う

管理職になりたくない症候群の人は、以下のことに注意するとよいでしょう。

  • 自分の価値観やキャリアプランを明確にする
  • 管理職の仕事内容や責任について、正しく理解する
  • 管理職のメリットやデメリットを比較検討する

もし、管理職になることを検討している場合は、以下のことに注意するとよいでしょう。

  • 管理職の役割や責任を理解し、覚悟を決める
  • 管理職になるためのスキルや能力を身につける
  • 管理職としての働き方や生き方について、自分なりの考えを持つ

管理職になりたくない症候群は、誰にでも起こり得る現象です。一人で抱え込まずに、自分なりの考えや対処法を見つけるようにしましょう。

参考URL:
管理職になりたくない症候群への対処、サラリーマンの成長課題/『リフレクティブ・マネジャー』(中原淳 金井壽宏・光文社新書)より - オフィス 気づきと学び

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5