海洋恐怖症とは、海や川、湖などに対する恐怖症

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

海洋恐怖症とは、海や川、湖などに対する恐怖症である。海洋恐怖症には、大量の水の中にいること、海の広大な空、海の波、陸からの距離に対する恐怖が含まれる。

海洋恐怖症の原因は、遺伝的要因と環境的要因の両方によって引き起こされると考えられている。遺伝的要因としては、不安障害の家族歴などが挙げられる。環境的要因としては、海難事故や溺水などのトラウマ体験などが挙げられる。

海洋恐怖症の症状は、以下のようなものがあげられる。

海や水域に近づくだけで、強い不安や恐怖感を感じる
海や水域の画像や映像を見ると、不安や恐怖感を感じる
海や水域にいると、パニック発作を起こす
海洋恐怖症の治療には、認知行動療法(CBT)が有効である。CBTでは、海や水域に対する恐怖や不安の原因を理解し、それらを克服するための方法を学ぶ。

海洋恐怖症は、日常生活に支障をきたす恐怖症である。もし、海洋恐怖症の症状に悩んでいる場合は、専門医に相談するようにしましょう。

なお、海洋恐怖症と似た恐怖症に、水恐怖症(aquaphobia)がある。水恐怖症は、水全般に対する恐怖症であり、海洋恐怖症よりも広範囲の水に対して恐怖を感じるものである。

参考URL:
海洋恐怖症 - Wikipedia