閉所恐怖症とは、狭い空間にいることに極度の恐怖を感じる症状のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

閉所恐怖症とは、狭い空間にいることに極度の恐怖を感じる症状のことです。

症状としては、以下のようなものがあげられます。

  • 狭い空間に入ると、恐怖や不安を覚える
  • そこから出られなくなるのではないかという不安に襲われる
  • 呼吸が苦しくなったり、吐き気や嘔吐を催したりする
  • 身体が震え、動悸や息切れなどの自律神経症状が出る

閉所恐怖症の原因は、はっきりとはわかっていませんが、以下のような要因が考えられます。

  • 過去に狭い空間でトラウマを経験したこと
  • 狭い空間への恐怖を植え付けるような体験
  • 閉塞感や窒息感に対する敏感さ

閉所恐怖症は、日常生活に支障をきたすほど重症化する場合もあります。そのような場合は、専門医による治療を受けることが大切です。

治療法としては、以下のような方法が用いられます。

  • 認知行動療法:恐怖症の原因となっている認知や行動を修正する方法
  • 薬物療法:抗不安薬や抗うつ薬を用いて、恐怖や不安の症状を抑える方法

閉所恐怖症の治療には、早期に取り組むことが大切です。

具体的な例としては、

  • エレベーターに乗るとき、息苦しさやパニック発作を起こす
  • 満員電車に乗ったとき、閉じ込められてしまうのではないかという恐怖に襲われる
  • トンネルや地下鉄などの閉鎖的な空間に入るのを避ける

などが挙げられます。

閉所恐怖症の人は、狭い空間にいることを極度に恐れるため、日常生活に支障をきたす場合もあります。そのため、早期に治療を受けることが大切です。

参考URL:
閉所恐怖症でMRIが苦手な方へ!オープン型検査やアイマスクを使った対策について | しみず脳神経外科クリニック

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5