自己ペースの原理とは、学習者が自分の理解度や能力に合わせて、学習の進度や内容を調整できることで、学習の効率が向上するという心理学的な原理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

自己ペースの原理とは、学習者が自分の理解度や能力に合わせて、学習の進度や内容を調整できることで、学習の効率が向上するという心理学的な原理です。この原理は、アメリカの心理学者B・F.スキナーによって提唱されました。

自己ペースの原理では、学習者が自分のペースで学習することで、学習者のモチベーションや集中力が維持され、学習の効率が向上するとしています。具体的には、学習者が理解できない部分は繰り返し学習し、理解できれば次のステップに進むことができることで、学習の理解度が向上するとされています。

自己ペースの原理は、教育やトレーニングなどさまざまな分野で応用されています。例えば、教育では、学習者が自分の理解度に合わせて、問題や課題を解くことができるように、教材やカリキュラムを工夫しています。また、トレーニングでは、学習者が自分のペースでトレーニングを行うことができるように、トレーニング環境を整えています。

自己ペースの原理を理解することで、より効果的な学習やトレーニングを行うことができます。

自己ペースの原理の具体例としては、以下が挙げられます。

  • 学習者が理解できない部分は、繰り返し学習できるように、教材やカリキュラムを工夫する
  • 学習者が自分のペースで学習できるように、学習環境を整える
  • 学習者が自分の理解度を把握できるように、定期的にテストや評価を行う

これらの工夫は、学習者のモチベーションや集中力を維持し、学習の効率を向上させるのに役立ちます。

なお、自己ペースの原理は、必ずしもすべての学習者に適しているわけではありません。学習の目的や内容によっては、集団で学習することがより効果的である場合もあります。

参考URL:
【易しめ解説24】スキナーのプログラム学習の特徴は学習者主体であること | 教員採用試験対策(きょうさい対策ブログ)

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5