思春期症候群とは、思春期に「誰かと人格が入れ替わっていた」「他人の心の声が聞こえる」など、不思議な現象が起きるとされるオカルト的現象

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

思春期症候群とは、思春期に「誰かと人格が入れ替わっていた」「他人の心の声が聞こえる」など、不思議な現象が起きるとされるオカルト的現象です。

具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 他人の心の声が聞こえる
  • 誰かと人格が入れ替わっている
  • 未来が見える
  • 過去に戻ることができる
  • 自分の身体が変化する

これらの症状は、思春期特有の多感さや不安定さから生じる思い込みや、ストレスからくる幻覚や錯覚であると考えられています。

また、現代社会における多様化や情報化が、思春期症候群の増加に影響しているという指摘もあります。

思春期症候群は、精神科や心療内科で治療を受けることができます。

治療方法としては、症状の原因を探り、その原因に対処する方法や、症状をコントロールするための薬物療法などが行われます。

思春期症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

もし、思春期症候群の症状に心当たりがある場合は、早めに専門家に相談するようにしましょう。

なお、思春期症候群は、鴨志田一のライトノベル「青春ブタ野郎シリーズ」で描かれた現象でもあります。

この作品では、思春期症候群は、ある特殊な存在によって引き起こされる現象であるとされています。

ただし、現実世界において、思春期症候群が特殊な存在によって引き起こされるという科学的根拠は存在しません。

参考URL:
思春期症候群とは何? わかりやすく解説 Weblio辞書