ウィリアム・ジェームズ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ウィリアム・ジェームズは、1842年1月11日にニューヨーク州ニューヨーク市で生まれた、アメリカ合衆国の哲学者、心理学者です。彼は意識の流れの理論を提唱し、プラグマティズムの代表として知られています。

ジェームズは、ハーバード大学で医学を学びましたが、健康上の理由で中退しました。その後、ヨーロッパに留学して、生理学、心理学、哲学を学びました。

1875年にハーバード大学に心理学の助教授として就任し、1889年に教授に昇進しました。ジェームズの心理学は、意識の流れを重視したものです。意識は、断続的ではなく、連続的に流れるものであると主張しました。

また、哲学においては、プラグマティズムを提唱しました。プラグマティズムは、真理は、その概念がもたらす結果によって決まるという考え方です。ジェームズは、プラグマティズムを通して、宗教、道徳、自由意志などの問題を探求しました。

ジェームズは、アメリカ哲学、心理学、宗教思想に多大な影響を与えました。彼の著作は、多くの言語に翻訳され、世界中で読まれています。

ジェームズの主な著作には、以下のようなものがあります。

  • 『心理学原理』(1890年)
  • 『信ずる意志』(1897年)
  • 『宗教的経験の諸相』(1902年)
  • 『自我の構造』(1904年)

ジェームズの思想は、現代の心理学、哲学、宗教思想においても、重要な意味を持っています。

参考URL:
ウィリアム・ジェームズ - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5