ブランケット症候群は、特定のアイテムに執着し、手放せない状態

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ブランケット症候群は、特定のアイテムに執着し、手放せない状態を指します。最も多くみられるのが毛布やぬいぐるみなど布系のものですが、タオルやおもちゃなど、さまざまなものである可能性があります。

ブランケット症候群は、幼児期によく見られるもので、約60%の幼児が経験すると言われています。 幼児期にブランケット症候群を経験した人の多くは、成長するにつれて自然に克服します。

ブランケット症候群の原因は、まだ完全には解明されていませんが、以下の要因が関与していると考えられています。

  • 母親や保護者への依存
  • 不安やストレスの軽減
  • 安心感や安全感の獲得

ブランケット症候群の治療は、基本的に必要ありません。 ただし、ブランケット症候群が原因で、以下のような問題が生じている場合は、治療が必要になることがあります。

  • 睡眠障害
  • 食欲不振
  • 学校や仕事への集中力の低下
  • 社会的な交流の減少

ブランケット症候群の治療には、以下の方法が行われます。

  • カウンセリング
  • 心理療法
  • 薬物療法

カウンセリングでは、ブランケット症候群の原因を探り、対処方法を学ぶことで、症状の改善を目指します。心理療法では、自分の考え方や行動を改善することで、症状の改善を目指します。薬物療法では、不安障害やうつ病などの精神疾患の治療薬を用いて、症状の緩和を図ります。

ブランケット症候群を予防するには、以下のことに気をつけることが大切です。

  • 幼児期に、母親や保護者からの愛情を十分に受けさせる
  • 幼児期に、不安やストレスを抱えないような環境を整える

ブランケット症候群は、決して珍しい症状ではありません。もし、同じような悩みを感じている場合は、一人で抱え込まず、専門家に相談することが大切です。

参考URL:
クロワッサン症候群と「おひとりさま」…松原惇子さんの著作からベテラン記者が考察 : 読売新聞