ウェンディゴ症候群とは、食人衝動や食人願望を伴う精神疾患の一種

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ウェンディゴ症候群とは、食人衝動や食人願望を伴う精神疾患の一種です。

ウェンディゴとは、北米の原住民の伝承に登場する、人を食らう化け物です。ウェンディゴ症候群の人は、自分がウェンディゴに憑りつかれたと思い込み、人の肉を食べたいという衝動に駆られます。

ウェンディゴ症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 精神疾患(統合失調症、うつ病、摂食障害など)
  • 薬物乱用
  • 脳損傷
  • トラウマ

ウェンディゴ症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、食人衝動に苦しみ、罪悪感や葛藤にさいなまれることがあります。また、食人衝動を抑えきれずに、実際に人を殺してしまう可能性もあります。

また、周囲の人々は、本人の行動に恐怖や嫌悪感を抱くことがあります。

ウェンディゴ症候群を治療するためには、精神科や心療内科での治療が必要です。

具体的な治療方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • カウンセリングやセラピー
  • 薬物療法

ウェンディゴ症候群は、決して克服できないものではありません。

本人の強い意志と、周囲の理解と協力があれば、克服することは可能です。

ウェンディゴ症候群の予防としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 精神疾患の早期発見・早期治療
  • 薬物乱用防止
  • 脳損傷の予防
  • トラウマの早期治療

ウェンディゴ症候群は、比較的まれな精神疾患ですが、決して存在しないわけではありません。

もし、ウェンディゴ症候群の疑いがある場合は、一人で抱え込まずに、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

参考URL:
文化依存症候群 - Wikipedia