回帰効果とは、ある変数が平均値から大きく離れた場合、次の測定では平均値に近づく傾向があるという統計的な現象

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

回帰効果とは、ある変数が平均値から大きく離れた場合、次の測定では平均値に近づく傾向があるという統計的な現象です。

たとえば、あるテストで、ある生徒が平均点より10点も高得点を取得した場合、次のテストでは、平均点より低い得点を取る可能性が高くなります。

回帰効果は、以下の2つの要因によって説明されます。

  • 平均値への回帰:変数は、平均値を中心に分布しています。そのため、変数が平均値から大きく離れた場合、次の測定では平均値に近づきやすい傾向があります。
  • 測定誤差:測定には誤差が伴います。そのため、ある測定で変数が平均値から大きく離れた場合、それは誤差の影響である可能性が高いと考えられます。

回帰効果は、統計学において重要な概念の一つです。回帰効果を理解することで、データの分析や解釈を行う際に役立ちます。

回帰効果は、さまざまな場面で観察されています。

たとえば、以下のようなものが挙げられます。

  • スポーツ:ある試合で、ある選手が平均点より高い得点を取得した場合、次の試合では、平均点より低い得点を取る可能性が高くなります。
  • 株式市場:ある銘柄の株価が平均値より大きく上昇した場合、次の日の株価は、平均値に近づく傾向があります。
  • 社会福祉:ある家庭の所得が平均値より大きく増加した場合、次の年には、平均値に近づく傾向があります。

回帰効果は、予測を行う際にも利用されています。

たとえば、ある選手の過去の成績から、次の試合の成績を予測する際に、回帰効果を考慮することで、より正確な予測を行うことができます。

回帰効果は、統計学において重要な概念であり、さまざまな場面で活用されています。

参考URL:
「画像優位性効果」を理解してユーザーの記憶に残るwebサイトを作成しよう : ビジネスとIT活用に役立つ情報(株式会社アーティス)

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5