マイノリティ・インフルエンス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

マイノリティ・インフルエンスとは?

マイノリティ・インフルエンス(Minority Influence)は、社会心理学の概念であり、少数派の意見や行動が多数派の意見や行動に影響を与える現象を指します。通常、多数派の意見や行動が支配的である社会的な状況において、少数派が変化や影響をもたらすことがあります。

マイノリティ・インフルエンスは、以下のような特徴を持っています:

独自性や異質性: 少数派の意見や行動は、多数派からは異なるものであり、独自性や異質性を持つことがあります。この独自性は、注目を集めたり、他者の関心を引く要素となります。

コンシステンシー(一貫性): 少数派が持つ意見や行動が一貫している場合、それがマイノリティ・インフルエンスを促進する要因となります。一貫性があることで、少数派の信念や主張が真剣に受け止められる可能性が高まります。

説得力と情報処理: 少数派の意見や情報が説得力を持ち、多数派に対して理論的な根拠や有益な情報を提供する場合、それがマイノリティ・インフルエンスの影響力を高める要因となります。少数派の意見が理にかなっていると多数派が受け止めやすくなります。

マイノリティ・インフルエンスは、社会の変化や革新を促す力を持つとされています。少数派の意見や行動が多数派に影響を与え、社会的な規範や慣習の変革や意思決定の変化が起こることがあります。マイノリティ・インフルエンスは、社会運動、政治活動、文化の変化など、さまざまな領域で観察されます。

しかし、マイノリティ・インフルエンスは必ずしも成功するわけではありません。多数派の抵抗や反発、社会的圧力などが存在し、変化が起こりにくい場合もあります。また、マイノリティが意見や行動を主張する際には、個人の自己主張や社会的な調整のバランスを考慮する必要があります。

マイノリティ・インフルエンスの理解は、社会変化や意思決定のプロセスを理解し、より包括的な視点を持つ上で重要です。

https://kagaku-jiten.com/social-psychology/group/minority-influence.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5