カメリアコンプレックスとは、不幸な女性を見るとつい救ってしまいたくなる男性の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

カメリアコンプレックスとは、不幸な女性を見るとつい救ってしまいたくなる男性の心理を言う。この言葉を作ったのは阿刀田高の知人だとされている。カメリア(camellia)とは、日本で言う椿のことである。

このコンプレックスの語源は、アレクサンドル・デュマ・フィス著の『椿姫』のヒロイン、マルグリット・ゴーティエである。この小説は、高級娼婦であるマルグリットと貴族のアルマン・デュヴァルの関係を描いたもので、マルグリットは結局、アルマンの愛を得ることができず、悲劇的な最期を遂げる。

この小説から、女性がどんな人であろうと、余計なことであっても、救い出そうとする男性の心理全般のことを「カメリアコンプレックス」と呼ぶようになった。

カメリアコンプレックスの男性は、女性を守ったり、助けたりすることによって、自分の価値や存在意義を感じていることが多い。また、女性に依存し、女性に支配されたい願望を抱いている場合もある。

カメリアコンプレックスの男性は、以下のような特徴を持つことが多い。

  • 女性に優しく、思いやりがある。
  • 女性を守ったり、助けたりすることに喜びを感じる。
  • 女性に依存し、女性に支配されたい願望を抱いている。

カメリアコンプレックスは、必ずしも悪いことではない。しかし、女性を自分の思い通りにコントロールしようとしたり、女性を犠牲にしてまで自分を満たそうとしたりすると、問題となる。

カメリアコンプレックスの男性は、自分の心理を理解し、適切な対処をすることが大切である。

参考URL:
カメリアコンプレックス - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5