エディプスコンプレックスとは、ジークムント・フロイトが提唱した概念で、男児が異性の親である母親に性的興奮を覚え、同性の親である父親に敵意や対抗心を抱くという、幼児期に見られる無意識の心理状態のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

エディプスコンプレックスとは、ジークムント・フロイトが提唱した概念で、男児が異性の親である母親に性的興奮を覚え、同性の親である父親に敵意や対抗心を抱くという、幼児期に見られる無意識の心理状態のことを言います。

フロイトは、この心理状態をギリシャ神話の「オイディプス王」になぞらえ、エディプスコンプレックスと呼びました。オイディプス王は、父親を殺して母親と結婚するという運命を担っている人物です。

エディプスコンプレックスは、男児が3歳から6歳にかけて起こるとされています。この時期は、男児が性的な興味を持ち始める時期であり、母親に対する性的興奮を覚えるようになります。しかし、同性の父親は、母親を独占する存在であるため、父親への敵意や対抗心を抱くようになります。

エディプスコンプレックスは、うまく解決されないと、将来の人間関係や心理症状に影響を与える可能性があります。例えば、父親への敵意が強いままになると、男性不妊や男性恐怖症などの症状が出る可能性があります。

エディプスコンプレックスを解決するためには、母親と父親の愛情を受けながら、母親と父親の役割を理解することが重要です。母親と父親が良好な関係を築いていると、男児は母親と父親を対等な存在として受け入れることができ、エディプスコンプレックスを乗り越えることができます。

エディプスコンプレックスは、フロイトの精神分析理論の中心的な概念であり、その後の精神分析理論の発展に大きな影響を与えました。しかし、エディプスコンプレックスは、あくまでもフロイトの理論に基づく概念であり、必ずしもすべての男児に当てはまるわけではありません。

参考URL:
エディプスコンプレックスとは?臨床心理士がわかりやすく解き明かす | (株)心理オフィスK