限界効用逓減の法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

限界効用逓減の法則とは?

限界効用逓減の法則(Law of Diminishing Marginal Utility)は、経済学の基本原則の一つです。この法則は、経済的な意思決定や消費行動に関する法則として説明されます。

限界効用逓減の法則によれば、ある特定の商品やサービスを追加的に消費する場合、最初の一単位の消費から得られる満足度や効用は大きいが、その追加単位の消費による満足度や効用は徐々に減少していくということです。

具体的には、以下のような特徴があります。

限界効用: 限界効用は、ある特定の消費量の追加から得られる追加的な満足度や効用のことを指します。最初の一単位の消費からは比較的大きな限界効用が得られますが、追加単位の消費ごとにその効用は徐々に低下していく傾向があります。

逓減: 限界効用逓減とは、追加的な消費が進むにつれて限界効用が徐々に低下することを指します。つまり、同じ量の追加的な消費による効用の増加は、初めの方が大きくなり、後の方では低下していくという関係性があります。

この法則は、経済学における需要曲線や効用最大化の理論に基づいています。消費者は有限な資源や予算を持っており、その中で満足度を最大化しようとします。限界効用逓減の法則によって、消費者は限られた資源を異なる商品やサービスに割り当てる際に、効用を最大化するために選択を行います。

https://kotobank.jp/word/%E9%99%90%E7%95%8C%E5%8A%B9%E7%94%A8%E9%80%93%E6%B8%9B%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-60295

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5