顔面フィードバック仮説

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

顔面フィードバック仮説とは、「表情がフィードバックされて、その表情の感情を引き起こす」という仮説です。

1880年代中ごろ、アメリカ合衆国の心理学者ウィリアム・ジェームズとデンマークの心理学者カール・ランゲが別々に、人は「刺激を受けて情動が変化し、それに伴って身体的変化が起きる」のではなく、「刺激を受けて身体的変化が起き、それに伴って情動が変化する」のではないかという説を唱えました。

この説は、ジェームズ=ランゲ説と呼ばれ、顔面フィードバック仮説の基盤となったものです。

顔面フィードバック仮説を唱えたのは、心理学者のシルヴァン・トムキンズです。トムキンズは、顔の表情筋を動かすことで、その表情の感情を体験することができると主張しました。

例えば、笑顔を浮かべることで、人は楽しい気分になることができます。これは、笑顔を浮かべることで、脳内のドーパミンやセロトニンなどの快楽物質が分泌され、楽しい気分を引き起こされるためと考えられています。

顔面フィードバック仮説は、近年の研究によって、その有効性が示されています。例えば、1988年にフリッツ・ストラック、レオナルド・マーティン、ザビーネ・ステッペルらが行った実験では、笑顔を浮かべるように指示された被験者は、そうでない被験者よりも幸せを感じたという結果が得られました。

顔面フィードバック仮説は、感情をコントロールする手法として、応用されています。例えば、怒りや不安などのネガティブな感情を抑えるために、笑顔を浮かべる方法が用いられています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E6%83%85%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BB%AE%E8%AA%AC

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5