AIDAの法則とは、消費者が商品やサービスを認知してから購入に至るまでの心理的な流れを4つの段階に分けて説明したマーケティング理論

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

AIDAの法則とは、消費者が商品やサービスを認知してから購入に至るまでの心理的な流れを4つの段階に分けて説明したマーケティング理論です。

  • Attention(注意を引く)
  • Interest(興味を持たせる)
  • Desire(欲求を刺激する)
  • Action(行動を促す)

この4つの段階を踏むことで、消費者の購買意欲を高め、最終的に購入に至らせることを目的としています。

Attention(注意を引く)

まず、消費者の注意を引き、商品やサービスの存在を認識させることが重要です。そのためには、インパクトのあるキャッチコピーやビジュアルを用いたり、興味を引くようなストーリーを展開したりすることが有効です。

Interest(興味を持たせる)

注意を引いた後は、消費者の興味を引き、商品やサービスについて知りたいと思わせる必要があります。そのためには、商品やサービスの特徴やメリットをわかりやすく伝えることが重要です。

Desire(欲求を刺激する)

興味を持った後は、消費者の欲求を刺激し、商品やサービスを欲しいと思わせる必要があります。そのためには、商品やサービスの価値や魅力を訴求することが重要です。

Action(行動を促す)

欲求を刺激した後は、消費者の行動を促し、購入に至らせる必要があります。そのためには、購入しやすい環境を整えることや、具体的な行動を促すメッセージを発信することが重要です。

AIDAの法則は、広告や販売促進において広く活用されているマーケティング理論です。ただし、必ずしもこの4つの段階をすべて踏まなければならないわけではありません。商品やサービスの特性やターゲット層に合わせて、適切な段階を強調するなどの工夫が必要です。

参考URL:
AIDAの法則 | BtoBマーケティングカンパニー株式会社アイアンドディー

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5