「ん」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「ん」が口癖の人には、いくつかの心理が考えられます。

考え事をしている

「ん」と発する瞬間、脳は情報を処理し、考えを整理しています。そのため、「ん」が口癖の人は、常に頭の中で何かを考え、思考を巡らせている可能性が高いです。

自分に自信がない

自分の意見や考えに自信がない場合、「ん」を挟むことで時間を稼ぎ、発言を慎重に検討しようとする心理が働きます。また、相手に否定されることを恐れ、曖昧な表現で発言することを避けるためにも「ん」が用いられることがあります。

相手の反応を伺っている

「ん」を挟むことで、相手に考えを促したり、話の続きを促したりする効果があります。また、相手の反応を伺いながら、自分の意見を調整しようとする心理も働きます。

緊張している

緊張している時、人は無意識に「ん」を発することがあります。これは、交感神経が活性化し、心拍数や血圧が上昇することで、口周りの筋肉が緊張しやすくなるためです。

癖になっている

上記のような心理が原因で「ん」が口癖になっている場合、そのうち無意識に発してしまうようになります。本人は特に何も考えていないのに、「ん」を連発してしまうケースも少なくありません。

方言の影響

地域によっては、「ん」を頻繁に使う方言があります。そのような地域出身の人であれば、「ん」が口癖になっている可能性が高いです。

性格

控えめな性格の人や、ゆっくり話す人、「ん」を挟むことで話しに緩急をつけようとする人など、性格によって「ん」が口癖になる場合もあります。

「ん」が口癖の人が必ずしも上記のような心理を持っているわけではありませんが、これらの心理を理解することで、「ん」が口癖の人とのコミュニケーションをより円滑に進めることができるでしょう。

「ん」が口癖の人に接する際のポイント

  • 話を遮らず最後まで聞き、理解しようと努める
  • 質問をする場合は、具体的な内容を尋ねる
  • 相手のペースに合わせ、ゆっくり話す
  • 相手の意見を否定せず、尊重する

「ん」が口癖は、必ずしも悪いことではありません。しかし、相手に誤解を与えたり、コミュニケーションの妨げになったりすることもあるため、適度に意識して改善していくことが大切です。

参考URL:
「え?」「ん? - 」が口癖の人…。こちらから話を振ったときに返事が... - Yahoo!知恵袋