加藤諦三

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

加藤諦三は、1938年1月26日生まれの日本の社会学者、心理学者、評論家です。早稲田大学名誉教授、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本精神衛生学会顧問、ハーバード大学ライシャワー研究所アソシエイトなどを務めています。

1972年からニッポン放送のラジオ番組『テレフォン人生相談』のパーソナリティを務めており、長年にわたり多くの悩める人々の相談に乗ってきました。また、著書は累計150冊を超え、その多くがベストセラーとなっています。

加藤諦三の思想は、人間関係のあり方を重視するものです。彼は、人間関係の悩みは、自分自身を受け入れることができないこと、他人に期待しすぎること、自分を他人と比べてしまうことに起因すると考えます。そのため、悩みを解決するためには、自分自身をありのままに受け入れ、他人に期待しすぎず、自分と他人の違いを認めることが重要だと説きます。

加藤諦三の著書は、多くの人々の悩みに寄り添い、生きるヒントを与えてくれるものとして、幅広い世代に支持されています。

加藤諦三の著書の代表的なものに、以下のようなものがあります。

  • 『自分を嫌うな』
  • 『人生、こんなはずじゃなかった』
  • 『愛と憎しみの心理』
  • 『人間関係の悩みは、すべて「自己肯定感」が足りないからだ』
  • 『「自分」と「他人」の幸せ』

加藤諦三の思想は、現代社会の抱える多くの問題にも通じるものであり、今後も多くの人々に影響を与え続けると考えられます。

参考URL:
加藤諦三 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5