リンゲルマン効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

リンゲルマン効果とは、集団で作業を行う際、人数が増えるほど、一人当たりの作業量が減少する現象です。1913年に、フランスの心理学者マクシミリアン・リンゲルマンによって提唱されました。

リンゲルマン効果が発生する理由は、いくつか考えられます。一つは、集団になると、個人の責任が曖昧になり、一人当たりの責任感やモチベーションが低下してしまうことです。また、集団になると、他人の作業を観察してしまい、自分の作業に集中できなくなることもあります。さらに、集団になると、他人の作業に邪魔されてしまい、効率が悪くなることもあります。

リンゲルマン効果を防ぐためには、以下の方法が考えられます。

個人の責任を明確にする。
作業に集中できる環境を整える。
他人の作業を邪魔しないようにする。
リンゲルマン効果は、集団で作業を行う際には、注意すべき現象です。この現象を理解し、対策を講じることで、集団のパフォーマンスを向上させることができます。

https://schoo.jp/biz/column/992

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です