2分ルールとは、生産性向上に特化した専門家であるデビッド・アレン氏が提唱した時間管理術

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

2分ルールとは、生産性向上に特化した専門家であるデビッド・アレン氏が提唱した時間管理術です。その名の通り、「2分以内で終わる作業は今すぐ取りかかる」というシンプルなルールです。

2分ルールを実践するメリット

先延ばし癖を克服できる 2分程度の短い作業であれば、始めるまでの心理的なハードルが低くなります。そのため、先延ばし癖を克服し、作業効率を向上させることができます。

小さな達成感を積み重ねられる 2分以内で終わる作業を次々と片付けることで、小さな達成感を積み重ねることができます。これは、モチベーション維持に繋がります。

頭の中を整理できる 2分ルールを実践することで、頭の中にあるタスクを可視化し、整理することができます。

2分ルールの具体的な方法

  • やるべきことをリストアップする
  • リストの中から、2分以内で終わる作業を探す
  • 2分以内で終わる作業は、今すぐ取りかかる
  • 2分以上かかる作業は、後回しにしたり、別の方法で処理する

2分ルールの注意点

  • 2分という時間はあくまで目安であり、作業内容によって多少前後しても問題ありません。
  • 2分以内に終わらなかった場合は、無理に続けずに後回しにしましょう。
  • 2分ルールは、すべての作業に適用できるわけではありません。複雑な作業や、集中力を必要とする作業には向いていません。

2分ルールは、誰でも簡単に実践できる時間管理術です。先延ばし癖を克服し、作業効率を向上させたい方は、ぜひ試してみてください。

参考URL:
先延ばしを減らす「2分ルール」で成功を手に入れろ 5つの実践方法 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)