クルト・コフカ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

クルト・コフカは、1886年3月18日にドイツのベルリンで生まれたユダヤ系心理学者です。彼は、ゲシュタルト心理学の創始者の一人であり、ゲシュタルト心理学を発達心理学に応用した。

コフカは、ベルリン大学で学士号と博士号を取得しました。彼は、マックス・ヴェルトハイマーとウォルフガング・ケーラーと一緒に、ゲシュタルト心理学の原理を開発しました。ゲシュタルト心理学は、知覚、学習、記憶などの心理的プロセスは、全体としてとらえるべきであり、部分の単純な集合ではないとする考え方です。

コフカは、ゲシュタルト心理学を幼児の発達に応用しました。彼は、幼児は、全体としてとらえる能力を持っていると主張し、この能力を「ゲシュタルト知覚」と呼びました。コフカは、幼児の知覚、学習、言語発達に関する実験を行いました。

コフカは、1933年にナチス政権の迫害を逃れてイギリスに移住し、その後アメリカに移住しました。彼は、アメリカでゲシュタルト心理学の普及に努めました。

コフカの最も重要な著作には、以下のようなものがあります。

  • 「ゲシュタルト心理学の原理」(1922年)
  • 「発達心理学入門」(1925年)
  • 「注意」(1935年)

コフカの業績は、ゲシュタルト心理学の確立と発展に大きく貢献しました。彼は、知覚、学習、記憶、発達な
ど、さまざまな分野の心理学に影響を与えました。

参考URL:
クルト・コフカ - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5