ブレーンストーミング

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ブレーンストーミングとは、複数人でアイデアを出し合うことによって、短時間でたくさんの新しいアイデアを集めることを目的とした会議手法です。

1950年代にアメリカの実業家アレックス・F・オズボーンによって考案されました。

ブレーンストーミングの目的は、以下の2つです。

新しいアイデアや解決策を創出する
参加者の創造性を高める
ブレーンストーミングの4つの原則は、以下のとおりです。

アイデアに対して批判・否定をしない
変わったアイデアを歓迎する
質より量を重要視する
アイデアをまとめる
ブレーンストーミングのやり方は、以下のとおりです。

テーマや問題を定義し、目的をハッキリさせる
ファシリテーター(司会進行役)を決める
参加者を選定する
制限時間を設けてアイデアをたくさん出す
アイデアをまとめる
ブレーンストーミングは、以下の場面で活用できます。

新商品やサービスの開発
問題解決
企画立案
アイデアの創出
ブレーンストーミングを成功させるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

ファシリテーターが4つの原則を徹底する
参加者が自由に発言できる雰囲気をつくる
アイデアを尊重し、否定しない
アイデアをまとめる時間を確保する
ブレーンストーミングは、自由な発想によって新しいアイデアや解決策を創出するための有効な手法です。

https://www.motivation-cloud.com/hr2048/c317

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5