交流分析

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

交流分析とは、1950年代後半に、精神科医エリック・バーンによって提唱された心理学理論です。

交流分析は、私たちの心を3つの「自我状態」(親、大人、子ども)に分けて理解し、人間関係の改善や自己実現を図る心理療法です。

交流分析の特徴は、以下のとおりです。

心の構造や機能を記号や図式を使って分かりやすく説明する
対人関係上の問題を解決する手法として活用できる
幅広い分野で応用できる
交流分析の7つの要素は、以下のとおりです。

ストローク
時間の構造化
心理ゲーム
自我状態
対話分析
人生態度
人生脚本
交流分析は、心理療法としてだけでなく、教育、ビジネス、医療、介護、子育てなど、幅広い分野で活用されています。

具体的な応用例としては、以下のようなものが挙げられます。

カウンセリング
教育
ビジネス
医療
介護
子育て
交流分析は、私たちの心と人間関係を理解するための有効なツールです。

https://schoo.jp/biz/column/1104