片付けられない症候群とは、正式な病名ではありませんが、片付けが苦手で、部屋が散らかったり、ゴミ屋敷になったりする状態

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

片付けられない症候群とは、正式な病名ではありませんが、片付けが苦手で、部屋が散らかったり、ゴミ屋敷になったりする状態を指します。

片付けられない症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)や強迫性障害(OCD)などの精神疾患
  • 幼少期の家庭環境や親子関係
  • 完璧主義や、捨てることに罪悪感を感じる性格
  • 時間管理や優先順位のつけ方が苦手な性格

片付けられない症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、散らかった部屋やゴミ屋敷に罪悪感や劣等感を感じたり、対人関係に支障をきたしたりすることがあります。また、周囲の人々は、本人の行動に不快感や困惑を感じたりすることがあります。

片付けられない症候群を改善するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 片付けられない原因を理解する
  • 片付けるためのルールや方法を決める
  • 片付けを習慣化する

片付けられない症候群は、決して克服できないものではありません。

本人の強い意志と、周囲の理解と協力があれば、改善することは可能です。

片付けられない症候群の改善方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 片付けられない原因を理解する
    片付けられない原因を理解することで、自分に合った改善方法を見つけやすくなります。

例えば、ADHDやOCDなどの精神疾患が原因の場合は、精神科や心療内科を受診して、薬物治療やカウンセリングを受けると効果的です。

  • 片付けるためのルールや方法を決める
    片付けるためのルールや方法を決めることで、片付けを習慣化しやすくなります。

例えば、毎日決まった時間に片付けをする、捨てるものと残すものを決める、片付けやすい収納方法を工夫するなどのルールを決めるとよいでしょう。

  • 片付けを習慣化する
    片付けを習慣化することで、片付けが楽になっていきます。

最初は、小さなことから始めて、徐々に片付けの範囲を広げていくとよいでしょう。

また、片付けを面倒くさがるのではなく、片付けることで得られるメリットを意識すると、片付けを続けやすくなります。

例えば、片付けることで、部屋がスッキリして、気持ちよく過ごせるようになる、家族や友人と過ごす時間が楽しくなるなどのメリットを意識するとよいでしょう。

参考URL:
片付けられない症候群(ADHD/ADD)