1on1とは、上司と部下が定期的に1対1で行う面談のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

1on1とは、上司と部下が定期的に1対1で行う面談のことを指します。近年、多くの企業で導入されており、部下の成長促進と組織力強化に効果があるとされています。

1on1の主な目的は以下の通りです。

部下の成長促進

  • 仕事に対する悩みや不安を聞いて解決策を一緒に考える
  • キャリアプランや目標設定をサポートする
  • フィードバックやアドバイスを与える
  • モチベーションを高める

組織力強化

  • 部下と上司の信頼関係を築く
  • コミュニケーションを活性化する
  • 組織の問題や課題を把握する
  • エンゲージメントを高める

従来の評価面談とは異なり、1on1は部下を評価する場ではなく、あくまでも成長を支援するための場であることが重要です。そのため、上司は部下の話をよく聞き、共感し、質問を投げかけることで、部下が自分自身で考え、行動できるようにサポートします。

1on1を効果的に行うためには、以下の点に注意する必要があります。

定期的に行う

週に1回、月に1回など、定期的に行うことで、部下は安心して上司に相談できるようになります。

時間を確保する

30分~1時間程度、十分な時間を確保しましょう。

テーマを決める

事前にテーマを決めておくことで、話が脱線するのを防ぎ、効率的に進めることができます。

部下の話を聞く

上司は部下の話をよく聞き、共感することが重要です。

質問を投げかける

部下が自分自身で考え、行動できるように、質問を投げかけましょう。

フィードバックやアドバイスを与える

部下の成長のために、フィードバックやアドバイスを与えましょう。

1on1は、部下の成長と組織力強化に効果的なマネジメント手法です。上記を参考に、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

参考URL:
1on1とは?実施の目的・流れから、効果を最大化するコツまで - 業務管理・仕事可視化ツールならMITERAS(ミテラス)

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5