客我

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

客我(きゃくが)とは、アメリカの社会心理学者、ジョージ・ハーバート・ミードによって提唱された、人間の自我の構造のひとつです。

ミードによれば、人間の自我は、他者の期待をそのまま取り入れた「客我」と、それに反応する「主我」の2つの側面から成り立っています。

客我は、他者からの期待や評価を内面化したものであり、自我の社会性を示す側面です。例えば、親や先生などの周囲の人々から「良い子」と言われると、その期待や評価を内面化し、自分は「良い子」であるという客我を形成します。

一方、主我は、客我に対する反応であり、自我の主体性を示す側面です。例えば、親や先生から「良い子」と言われると、その期待に応えようとしたり、逆に反発したりするといった主我の行動が起こります。

客我と主我は、相互に影響し合いながら、人間の自我を形成しています。客我は、主我の行動を制限する働きがありますが、主我は、客我に新たな価値観や行動を付与する働きもあります。

客我は、他者との関わりの中で形成されるため、幼児期から青年期にかけて、特に重要な役割を果たします。この時期に形成された客我は、その後の人生において、自我の基盤となるのです。

客我の具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

自分がどのような役割を担っているか
自分がどのような価値観を持っているか
自分がどのような能力を持っているか
自分がどのような人間関係を持っているか
客我は、人間の自我を理解する上で、重要な概念です。

https://souzouhou.com/2022/06/27/geoge-herbert-mead-1/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5