カサンドラ症候群とは、発達障害者(特にアスペルガー症候群)のパートナーや家族などが、パートナーや家族の発達障害によるコミュニケーションや情緒的な相互関係の困難さから、不安や抑うつなどの心身の不調を来す状態のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

カサンドラ症候群とは、発達障害者(特にアスペルガー症候群)のパートナーや家族などが、パートナーや家族の発達障害によるコミュニケーションや情緒的な相互関係の困難さから、不安や抑うつなどの心身の不調を来す状態のことを指す言葉です。

カサンドラ症候群の具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • パートナーや家族の発達障害による言動に悩まされる
  • パートナーや家族とうまくコミュニケーションが取れない
  • パートナーや家族との関係に疲れ、孤独感や疎外感を感じる
  • 不安や抑うつなどの精神的症状を感じる
  • 体調不良や不眠などの身体的症状を感じる

カサンドラ症候群は、発達障害者のパートナーや家族にとって、深刻な問題となる可能性があります。

カサンドラ症候群を予防するためには、以下のようなものが挙げられます。

  • パートナーや家族の発達障害について、理解を深める
  • パートナーや家族と、コミュニケーションの取り方や関係性の築き方について話し合う
  • 自分自身を大切にする

カサンドラ症候群を発症した場合は、以下のようなものが効果的です。

  • 自分自身を責めず、パートナーや家族の行動を理解しようとする
  • 周囲の人に相談し、サポートを受ける
  • 専門家の助けを求める

カサンドラ症候群は、決して恥ずべきことではありません。一人で抱え込まずに、周囲の人に相談したり、専門家の助けを求めたりして、克服していきましょう。

カサンドラ症候群の名称は、ギリシャ神話の予言者カサンドラに由来しています。カサンドラは、神々から予言の力を授けられましたが、その予言は誰にも信じられず、悲劇的な最期を遂げました。カサンドラ症候群の人は、パートナーや家族の発達障害による言動に悩まされ、その苦しみを理解してもらえず、孤独感や疎外感を感じてしまうという点が、カサンドラと共通しています。

参考URL:
カサンドラ症候群| 大阪メンタルクリニック

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5