カール・ロジャースの2:7:1の法則

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

カール・ロジャースの2:7:1の法則とは?

カール・ロジャースの2:7:1の法則(2:7:1 Rule of Communication)は、カウンセリングやコミュニケーションにおいて重要な原則とされる法則です。カール・ロジャースは、人間istic Psychology)の創始者であり、人間関係やカウンセリングにおける理論と実践の先駆者として知られています。

2:7:1の法則は、カウンセリングやコミュニケーションにおける相互作用のパターンを表現しています。具体的には、コミュニケーションの過程が次のような比率で進行するとされています:

2: 接触(Contact):人々が互いに関心を持ち、対話やコミュニケーションが始まる最初の段階です。相手との関係性を構築し、共通点や興味を見つけるための接触が重要です。

7: 探求(Exploration):接触の後、相手との関係性をより深めるために探求の段階に入ります。この段階では、より深い共感や理解を通じて相手の感情や思考を探求し、相手自身が自己を表現する機会を提供します。

1: 決断(Resolution):接触と探求の段階を経て、問題の解決や成長に向けた決断や行動を促す最終的な段階です。この段階では、相手の思考や感情を尊重し、共同の目標に向かって具体的なアクションを支援します。

この法則は、人々とのコミュニケーションや関係構築において、適切な接触、深い探求、具体的な決断が必要であることを示唆しています。特に、カウンセリングの文脈では、カウンセラーがクライエントとの関係を築き、クライエントの内面を理解し、共同で目標を達成するためにこの法則を念頭に置くことが重要です。

https://note.com/takaomiho/n/nce3caa81c5e4

否認

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

否認とは?

否認(denial)は、現実を受け入れず、拒絶する心理的な防衛機制の一つです。これは、個人が不快な真実や現実を直面することを避けるために、自分自身や周囲の情報を無視したり、拒絶したりする傾向を指します。

否認は、しばしば脅威やストレスに直面したときに発生します。人々は、自分自身や愛する人、信じている価値観や信念が傷つく可能性のある事実や現実を受け入れることに抵抗し、その代わりに否定的な感情や思考を抱くことで自己防衛します。

否認は一時的な対処方法としては役立つかもしれませんが、長期的には問題を悪化させる可能性があります。現実を拒絶することによって、問題の解決や成長の機会を逃したり、精神的な不調や対人関係の困難を引き起こしたりすることがあります。

否認は、さまざまな状況や心理的な要因によって引き起こされることがあります。例えば、喪失や病気の診断、トラウマ体験、重大な変化や脅威などが否認の対象になることがあります。

否認からの回復や対処には、現実を直視し、感情や思考を受け入れることが重要です。個人や専門家のサポートを受けながら、問題を認識し、適切な対処方法や自己成長の取り組みを行うことが助けになる場合があります。

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%90%A6%E8%AA%8D/

アンスバッハー効果

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

アンスバッハー効果とは?

「アンスバッハー効果(anchoring effect)」とは、人々が判断をする際に、最初に提示された情報(アンカー)に大きな影響を受ける傾向があるという現象を指します。

例えば、商品の値段を見たときに、最初に提示された価格が高い場合、その後の価格設定についても、高いと感じる傾向があります。また、数字の大小を判断する際に、最初に提示された数字が大きい場合、その後の数字も小さく感じる傾向があります。

アンスバッハー効果は、私たちが日常的に行う意思決定に大きな影響を与えることがあります。広告やマーケティングにおいて、アンスバッハー効果を利用した戦略が取られることがあります。例えば、商品の値段を高めに提示することで、その後の値下げが比較的安く感じられるようにする、といった戦略があげられます。

しかし、アンスバッハー効果には、注意すべき点があります。最初に提示された情報が正しくない場合、その後の判断も歪んでしまう可能性があるためです。また、アンカーに固執して、他の情報を無視してしまうこともあるため、客観的な情報収集と、複数の視点からの判断が求められます。

https://sakura-paris.org/dict/%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%BE%9E%E5%85%B8/content/55_1454

ゲシュタルト療法

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

ゲシュタルト療法とは、1950年代にドイツ出身の精神科医であるフレデリック・パールズとその妻のローラ・パールズによって創始された心理療法です。

ゲシュタルト療法の特徴は、以下の3つです。

「今・ここ」に焦点を当てる
体験を通して気づく
自己責任を重視する
「今・ここ」に焦点を当てるとは、過去や未来ではなく、現在の瞬間に意識を向けることを意味します。過去は変えることができず、未来は未知であり、私たちのコントロールの及ばないものです。そのため、ゲシュタルト療法では、現在の瞬間に集中することで、自分の感情や思考、身体の感覚をより深く理解し、気づくことを促します。

体験を通して気づくとは、理論や知識ではなく、自分の体験を通して気づくことを意味します。ゲシュタルト療法では、クライエントが自分の体験を語ったり、再体験したりすることによって、抑圧された感情や思考を意識化し、気づきを促します。

自己責任を重視するとは、自分の人生は自分で責任を持って生きるという考えです。ゲシュタルト療法では、クライエントが自分の人生をコントロールし、生き生きと生きていくためのサポートを行います。

ゲシュタルト療法は、以下のような症状や悩みを持つ人に効果的とされています。

不安や抑うつ
対人関係の悩み
トラウマ
依存症
自己肯定感の低さ
生きる意味の喪失
ゲシュタルト療法は、個人セッションやグループセッションで行うことができます。セッションでは、セラピストがクライエントの体験を促し、気づきを促します。

ゲシュタルト療法は、体験を通して気づきを得る、実践的な心理療法です。自分の人生をより豊かに、生き生きと生きるために、効果的な手法の一つと言えるでしょう。

https://www.iryo.co.jp/gestalt/

9歳の壁

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

9歳の壁とは?

「9歳の壁」という用語は、一般的には子供の発達段階に関連して使われることがあります。この概念は、子供たちの認知能力や発達において、特定の年齢で進展が鈍化するという現象を指すことがあります。

具体的には、「9歳の壁」とは、一部の子供たちが9歳前後になると、学習や発達において一時的な停滞を経験することを指します。この期間中、子供たちの学習能力や成績が一時的に低下したり、興味や関心が減退したりすることがあります。

この現象は、脳の発達や社会的な要因によるものと考えられています。脳の発達には個人差があり、9歳前後には一部の脳領域の成熟が進む一方で、他の領域の成熟が遅れることがあります。また、社会的な要因としては、学校や環境の変化、成長に伴うストレス、同年代の子供たちとの関係性の変化などが挙げられます。

ただし、「9歳の壁」は全ての子供に当てはまる現象ではありませんし、一時的なものであり、通常はその後に成長や発達が続くことが期待されます。個別の子供の成長や状況に応じて、適切なサポートや環境が提供されることが重要です。

https://mamari.jp/30938

サクセスフル・エイジング

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

サクセスフル・エイジングとは、単に長生きすることではなく、疾病や障害のない健康な状態で、生きがいを持って、社会に積極的に参加する、充実した人生を送ることです。

サクセスフル・エイジングには、主に以下の3つの要素が重要です。

健康寿命の延伸
健康寿命とは、平均寿命から介護期間を引いた、自立した生活が送れる期間のことです。健康寿命を延伸することで、疾病や障害のない健康な状態で、長く生きることができます。

生きがいの創出
生きがいとは、人生に充実感や幸福感を与えてくれるものであり、人それぞれで異なります。仕事、趣味、ボランティア、家族や友人との交流など、自分が心から楽しむことができる生きがいを見つけることが大切です。

社会参加
社会参加とは、社会の一員として、積極的に活動することです。ボランティア活動や地域活動に参加することで、社会に貢献し、生きがいを感じるだけでなく、社会とつながりを持つことで、孤独感や孤立感を防ぐことができます。

サクセスフル・エイジングは、個人の努力だけでなく、社会全体で取り組むことが大切です。健康的な生活習慣の普及や、社会参加の機会の拡大など、サクセスフル・エイジングを実現するための環境づくりが求められています。

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tyojyu-shakai/successful.html

20時間の法則

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

20時間の法則とは?

「20時間の法則(The 20-Hour Rule)」は、学習における一般的な指針の一つです。この法則は、新しいスキルや分野を習得するためには、約20時間の練習が必要であるという主張をしています。

この法則は、ジョシュ・カウフマン(Josh Kaufman)という作家が提唱したもので、彼の著書「The First 20 Hours: How to Learn Anything… Fast!」で詳しく説明されています。

20時間の法則は、以下の主なアイデアに基づいています:

無理なく取り組む:新しいスキルを習得する際には、まず最初の20時間を集中的に取り組むことが重要です。この時間は、初心者から初級者への移行を可能にする基礎を築くために使用されます。

フォーカスと効率:20時間の練習を通じて、集中的に練習することで効果的な学習を促進します。適切な学習方法や教材の選択、練習の重点を置くポイントの特定など、効率的な学習戦略を採用することが重要です。

初級者レベルの到達:20時間の集中的な練習によって、初級者のレベルに到達することができます。これにより、基礎的なスキルや理解が身に付き、その後の学習や習得が容易になります。

ただし、20時間の法則はあくまで一般的な指針であり、すべてのスキルや分野に適用できるわけではありません。一部の複雑なスキルや専門的な分野では、より長い時間やより深い学習が必要となる場合があります。また、習得したスキルを高度なレベルまで発展させるには、さらなる練習や経験が必要です。

したがって、20時間の法則は初歩的なレベルまでの学習を促進するための指針として捉えるべきです。重要なのは、自身の学習目標に合わせて効果的な学習戦略を選び、持続的な努力を続けることです。

https://abc-by.com/20hour-to-get-skills/

ブラックエンジン

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

ブラックエンジンとは、ネガティブな感情や経験によって駆動される動機のことを指します。たとえば、過去に失敗した経験から、再び失敗することを恐れて努力するような場合や、周囲から認められたいために努力するような場合などが、ブラックエンジンによって駆動される動機と言えます。

ブラックエンジンは、ポジティブな感情や経験によって駆動される動機(ホワイトエンジン)よりも、より強力な動機となることがあります。しかし、ブラックエンジンは、ネガティブな感情や経験に支配されるため、時には心身に悪影響を及ぼすこともあります。

ブラックエンジンによって動機づけられている人は、自分の動機を客観的に見つめ、ネガティブな感情や経験に支配されないように注意することが大切です。

https://motivation-up.com/motivation/blackwhite.html

「どうしようもない」が口癖の人の心理

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

「どうしようもない」が口癖の人には、様々な心理状態が隠れている可能性があります。以下に、いくつかの例と、それぞれの心理状態について詳しく説明します。

1. 不安や焦りを感じている

目の前の状況に対して、どう対処すればよいのか分からず、不安や焦りを感じている可能性があります。特に、問題解決能力に自信がない人や、過去の失敗体験からネガティブな思考に陥りやすい人に多く見られます。

2. 自己肯定感が低い

自分自身や自分の能力を否定的に捉え、どうあがいても状況は変わらないと感じている可能性があります。自己肯定感が低い人は、些細な失敗でも自分を責めやすく、「どうしようもない」という言葉で自分を卑下してしまう傾向があります。

3. ストレスを感じている

仕事や人間関係など、様々なストレスを抱えている可能性があります。ストレスが溜まると、思考力や判断力が低下し、問題解決能力が低下してしまうことがあります。その結果、「どうしようもない」という言葉で現状を諦めてしまうのです。

4. 問題から逃避したい

問題解決に時間や労力が必要となる場合、「どうしようもない」という言葉で問題から逃避しようとする場合があります。特に、責任感が強い人や完璧主義者ほど、問題から逃避してしまう傾向があります。

5. 甘えたい気持ちがある

周囲の人に助けを求めたい、甘えたい気持ちがある可能性があります。「どうしようもない」という言葉で、周囲の同情や助けを無意識に求めているのかもしれません。

6. 諦めの気持ちがある

努力しても状況が変わらないと感じ、諦めの気持ちを抱いている可能性があります。特に、過去に何度も失敗を経験した人や、現在の状況に絶望を感じている人に多く見られます。

7. 習慣化している

「どうしようもない」という言葉が単なる口癖になっている可能性もあります。特に、幼い頃からこの言葉を頻繁に使用していた人は、無意識にこの言葉を発してしまうことがあります。

8. 認知の歪み

状況を実際よりも悪く捉えてしまっている可能性があります。例えば、些細なミスを「全て自分のせいだ」と捉えたり、困難な状況を「絶対に乗り越えられない」と決めつけてしまうことがあります。

9. 無力感

自分には何もできないと感じている可能性があります。これは、過去のトラウマや虐待体験などが原因で、自己肯定感が極端に低い場合に起こります。

準拠集団

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

準拠集団とは?

準拠集団(conformity group)は、社会心理学において使用される用語で、個人が自身の意見や行動を他の人々の意見や行動に合わせる傾向がある集団を指します。人々は社会的な存在であり、他の人々との関係や社会的な規範に従いたいというニーズを持っています。そのため、準拠集団の存在が個人の意見や行動に影響を与えることがあります。

準拠集団の影響は、主に以下の2つのメカニズムによって生じます。

情報的社会影響(Informational social influence):不確かな状況や情報のときに、他の人々の意見や行動を参考にすることで、正しい情報や適切な行動を選ぶことができるというメカニズムです。個人は他の人々を情報源として利用し、自分自身の判断や行動を調整します。

規範的社会影響(Normative social influence):社会的な規範やグループの圧力によって、他の人々の意見や行動に合わせようとするというメカニズムです。個人は他者との一致や認められたいというニーズを持っており、そのために自身の意見や行動を調整することがあります。これは社会的な規範やグループの価値観に従い、適応するための行動です。

準拠集団の影響は、さまざまな状況で現れることがあります。例えば、新しいグループに参加したときや、自分が情報に不確かさを感じるとき、他人との意見の相違や不一致がある場合などです。また、特定の社会的な場面や文化において、準拠集団の影響がより強く現れることもあります。

ただし、準拠集団の影響は常にポジティブではなく、個人の自律性や独自性を抑制することもあります。重要なのは、自分自身の意見や価値観を見失わずに、適切なバランスを保つことです。社会的な影響に対して批判的思考を持ち、自分自身の判断基準や価値観を大切にすることが重要です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%96%E6%8B%A0%E9%9B%86%E5%9B%A3

ホフスタッターの法則

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

ホフスタッターの法則とは?

ホフスタッターの法則(Hofstadter’s Law)は、計画やタスクの時間見積もりに関する原則です。この法則は、アメリカの認知科学者ダグラス・ホフスタッターによって提唱されました。ホフスタッターの法則は、タスクの完成にかかる時間を見積もる際に一般的に適用される考え方です。

ホフスタッターの法則は以下のように述べられます:「あなたが考えているよりも長くかかるものであり、さらに長くかかることになるでしょう。」

つまり、タスクの時間見積もりは通常よりも楽観的になりがちであり、予想以上に時間がかかる傾向があるということを指しています。人々は、計画や作業の段取りを立てる際に、予測が甘くなりがちであり、思わぬ遅延や困難に直面することが多いという現象を表しています。

この法則は、タスクの複雑さや予測の困難さによって生じるものです。人々は、タスクの手順や段取りについての理解が不十分である、関連する要素や障害が予測できない、時間管理のスキルが十分でないなどの理由から、計画が適切に立てられないことがあります。

ホフスタッターの法則は、プロジェクト管理や時間管理の文脈で注意すべきポイントとして広く認識されています。適切な時間見積もりとリアルな計画を立てるためには、過去の経験や類似のプロジェクトの実績、専門家のアドバイスなどを活用することが重要です。また、タスクの分割や優先順位付け、余裕のあるスケジュールの設定なども計画の成功に役立つ手法です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

鏡像認知

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

鏡像認知とは、鏡に映った自分の姿を自分自身であると認識することです。

鏡に映った自分の姿は、自分の顔や身体の左右が反転しています。そのため、鏡に映った自分を自分自身であると認識するためには、自分の身体の左右の認識と、自分の姿の左右の反転を理解する必要があります。

鏡像認知は、ヒトの幼児が2歳頃から獲得すると言われています。また、チンパンジーやイルカなどの動物も、鏡像認知を獲得できると考えられています。

鏡像認知は、自己認識の基本的な能力であると考えられています。鏡像認知を獲得することで、自分自身の身体や姿を認識し、自分自身を他の個体と区別することができるようになります。

鏡像認知を測定する代表的な課題は、マークテストと呼ばれるものです。この課題では、被験者の顔や身体に目立たないマークをつけ、鏡を見せます。もし被験者が鏡に映るマークを触ったり、鏡に興味を示したりすれば、鏡に映る自分の姿を自分自身であると認識していると判断されます。

鏡像認知は、人間の自己認識や、動物の社会性やコミュニケーション能力を理解する上で重要な概念です。

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E9%8F%A1%E5%83%8F%E8%AA%8D%E7%9F%A5

セルフコントロール

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

セルフコントロールとは、誘惑や衝動に直面した際に、自己の意思で感情、思考、行動を抑制することです。 直接的な外的強制力がない場面で自発的に自己の行動を統制する行動プロセスである。 セルフコントロールが効かなくなった状態を脱抑制と呼ぶ。

セルフコントロールの具体例としては、以下のようなことが挙げられます。

ダイエットをしていて、誘惑に負けずに食事を控える
勉強をしていて、集中力を維持する
仕事でミスをしたときに、落ち込まずに気持ちを切り替える
イライラしたときに、感情的にならず冷静に対処する
セルフコントロール能力が高い人は、以下のメリットがあります。

目標を達成しやすくなる
健康的な生活を送ることができる
人間関係を円滑に保つことができる
ストレスに強くなる
セルフコントロール能力は、誰でも身につけることができます。 以下の方法を実践することで、セルフコントロール能力を高めることができます。

目標を具体的かつ明確に設定する
目標達成のための計画を立てる
計画に沿って行動する
失敗を恐れず、学びを繰り返す
リラックス法を身につける
セルフコントロール能力を高めることで、人生をより充実したものにすることができます。

https://stretch-cloud.lmi.ne.jp/column/0084

第三者話法

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

第三者話法とは?

第三者話法(だいさんしゃわほう)は、心理学やカウンセリングの文脈で使用されるコミュニケーションの手法の一つです。この手法は、話し手が自分自身の感情や経験を客観的な視点から語ることで、自己視点からの距離を持ち、客観的な分析や理解を促す効果があります。

具体的には、以下のような特徴があります:

三人称の使用: 第三者話法では、話し手が自分自身を「彼」「彼女」といった三人称で表現することが特徴です。これにより、自己について客観的な視点を持ち、自身の感情や経験を他者と同じように分析できるようになります。

距離と客観性: 第三者話法を使用することで、話し手は自分自身から一定の距離を持つことができます。これにより、感情や経験を客観的に見つめ、自身の行動や思考パターンを客観的に分析することができます。

内省と洞察: 第三者話法を通じて、話し手は自身の内面についてより深く洞察することができます。自分自身を客観的に観察することで、自身の思考や行動のパターン、感情の起因や影響を理解しやすくなります。

第三者話法は、自己理解や自己認識を深めるために使用されることがあります。特に、感情的に込み上げる状況や問題を客観的に見つめることで、冷静な分析や解決策の見出しに役立ちます。また、心理療法やカウンセリングにおいても、クライエントが自己の体験を客観的に捉えるために活用されることがあります。

ただし、第三者話法は自己視点からの距離を持つため、一部の人にとっては無理強いに感じられる場合があります。また、自己との関係や共感を重視する場面では、他のコミュニケーション手法が適している場合もあります。適切な状況や目的に応じて、コミュニケーションの手法を選択することが重要です。

https://theory.work/terms-3rd-party-speech/

フォールスコンセンサス効果とは、自分の意見や考え、行動が、他の人々とも同じであると過大評価する認知バイアスのこと

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

フォールスコンセンサス効果とは、自分の意見や考え、行動が、他の人々とも同じであると過大評価する認知バイアスのことです。

例えば、自分が「政治は関心がない」と思っている場合、他の人々もそう考えていると考えることがあります。また、自分が「コーヒーが好き」と思っている場合、他の人々もコーヒーが好きだと考えることがあります。

フォールスコンセンサス効果は、以下の理由によって引き起こされると考えられています。

  • 自分自身の考えや行動を、他の人々の考えや行動と比較する際に、自分自身の考えや行動を基準にしてしまうこと
  • 自分の考えや行動を、他の人々に理解してもらいたいという願望から、自分自身の考えや行動を過大評価してしまうこと

フォールスコンセンサス効果は、日常生活の中でさまざまな場面で影響を与えます。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 政治や社会問題に対する意見の共有
  • 商品やサービスの購入
  • 人間関係

フォールスコンセンサス効果によって、自分の意見や行動が他の人々に受け入れられやすいと誤解してしまうと、人間関係のミスマッチや、誤った判断につながる可能性があります。

フォールスコンセンサス効果を防ぐためには、以下のことに注意するとよいでしょう。

  • 自分の考えや行動を、客観的なデータや他の人の意見と比較する
  • 自分の考えや行動を、他の人々に理解してもらおうとするのではなく、自分自身を理解することに集中する

フォールスコンセンサス効果は、誰もが陥りやすい認知バイアスです。自分の考えや行動を客観的に見つめ直すことで、フォールスコンセンサス効果の影響を減らすことができます。

参考URL:
自分の考えは正しく多くの人も同じと思い込む『フォールス・コンセンサス効果』 – 株式会社SBSマーケティング

妨害刺激

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

妨害刺激とは、視覚探索課題において、目標刺激を探す際に、注意を奪い、探索を妨げる刺激のことです。妨害刺激は、目標刺激と似ている特徴を持っている場合、注意を捕捉しやすく、探索の効率を下げます。

妨害刺激の例としては、次のようなものが挙げられます。

目標刺激と同じ色や形の刺激
目標刺激と同じ位置にある刺激
目標刺激と同じ特徴を持つ複数の刺激
妨害刺激は、視覚探索の効率を低下させるだけでなく、注意の分配にも影響を与えます。妨害刺激が多い場合、注意を目標刺激に集中させにくくなり、探索に必要な時間や労力を増加させます。

妨害刺激を抑制するためには、目標刺激と妨害刺激の違いを明確に認識することが重要です。また、無視手がかりを用いることで、妨害刺激を無視する訓練をすることも有効です。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcogpsy/11/1/11_1/_article/-char/ja/

集団浅慮

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

集団浅慮とは?

「集団浅慮(Groupthink)」とは、集団の一体感や調和を維持するために、個々のメンバーが意見や判断を抑制し、一般的に受け入れられる意見に同調する傾向が生じる現象を指します。集団浅慮は、意思決定や問題解決プロセスにおいて、思考の偏りやエラーを引き起こす可能性があります。

集団浅慮は、社会心理学者アーヴィング・ジャニスによって提唱された概念であり、彼は集団浅慮が意思決定の品質や効果を低下させる可能性を指摘しました。以下に、集団浅慮の特徴と影響をいくつか説明します。

同調圧力: 集団浅慮では、個々のメンバーが集団の一体感を維持するために、異なる意見や批判的な視点を抑制し、一般的に受け入れられる意見に同調する傾向があります。これは同調圧力とも関連しています。

情報の選択的処理: 集団浅慮では、メンバーが情報を選択的に処理し、集団の意見や主流派の意見を支持する情報に偏った注意を向ける傾向があります。異なる意見や批判的な情報が無視されたり、無視されたりする可能性があります。

見逃された問題やリスク: 集団浅慮は、集団の一体感を重視するために、問題やリスクを見落とす可能性があります。批判的な視点や異なる視点が抑制されるため、別の解決策やアイデアが見過ごされることがあります。

偏った判断: 集団浅慮では、集団内の意見や判断の一貫性を維持するために、批判的な反省や慎重な判断が欠落することがあります。このような状況では、思考の偏りやエラーが生じ、効果的な意思決定が阻害される可能性があります。

集団浅慮を回避するためには、リーダーシップの重要性や、個々のメンバーの自己主張や批判的思考を奨励することが重要です。以下にいくつかの対策を示します。

リーダーシップの促進: リーダーは、開かれたコミュニケーション環境を提供し、異なる意見や批判的な視点を受け入れる文化を醸成する必要があります。リーダーは、自らの意見に固執せず、メンバーの参加や議論を促進する役割を果たすべきです。

批判的思考の奨励: メンバーに対して、異なる視点や批判的な意見を積極的に表明するように奨励します。意見の多様性を尊重し、多角的な議論や情報の共有を促すことで、集団内の浅慮を減少させることができます。

専門家や外部の意見の参入: 集団の意思決定において、専門家や外部の視点を取り入れることも有効です。外部からの意見や批判は、集団内の閉鎖的な思考を打破し、新たな視点や解決策を提供することができます。

意思決定プロセスの改善: 集団の意思決定プロセスには、情報の共有や評価、代替案の検討などのステップを含めることが重要です。各メンバーが主体的に情報を提供し、異なる選択肢やリスクを考慮する機会を与えることで、より客観的な意思決定が可能となります。

集団浅慮は、効果的な意思決定や問題解決を妨げる可能性があるため、意識的な取り組みが必要です。個々のメンバーが自己主張し、異なる視点を尊重する文化を醸成することで、より健全な集団の意思決定が可能となります。

https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-20800.html

エルダー制度

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

エルダー制度とは?

エルダー制度(Elder system)は、組織やコミュニティにおいて、年長者や高齢者に特別な役割や地位を与える制度や文化を指します。この制度は、高齢者の知識、経験、指導力を尊重し、社会の中で彼らにより大きな影響力や権限を与えることを目的としています。

エルダー制度は、さまざまな形式や文化に存在する可能性があります。例えば、一部の先住民族の文化では、年長者は部族や共同体の指導者や顧問として尊重され、意思決定や問題解決において重要な役割を果たしています。また、一部の組織や団体では、高齢者を専門的なアドバイザーやコンサルタントとして雇用し、彼らの知識と経験を活用しています。

エルダー制度は、高齢者の尊厳や地位を保護するだけでなく、コミュニティ全体の利益にも貢献することが期待されています。高齢者は、長い人生経験に基づいた洞察力や知恵、人間関係の構築能力を持ち、若者や次世代に指導や助言を提供する役割を果たすことができます。

エルダー制度の目的は、世代間のつながりや共同体の連帯感を促進し、知識や経験の伝承、問題解決の助言、価値観や伝統の継承などを支援することです。また、エルダー制度は、高齢者の社会参加や意義ある役割を認め、彼らが自尊心や生活の質を保つことを支える重要な要素となります。

ただし、エルダー制度は文化や社会のバリエーションによって異なる場合があり、一概に一つの形式や意味合いで語ることはできません。それぞれの社会や組織は、自身の文化や価値観に基づいてエルダー制度を形成し、高齢者の役割や地位を定義しています。

https://schoo.jp/biz/column/1045

基本的帰属錯誤

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

基本的帰属錯誤とは、他者の行動を説明する際に、その人の性格や能力などの内的な要因を過剰に重視し、状況的な要因を過小評価する傾向を言います。

例えば、テストで良い点を取った学生を「頭がいい」と評価する一方で、テストで悪い点を取った学生を「努力が足りない」と評価するといったように、同じ行動でも、その人の性格や能力に帰属すると考えてしまう傾向があります。

基本的帰属錯誤は、他者の行動を理解する際に障害となり、誤った判断をしてしまう原因となります。

基本的帰属錯誤の原因としては、以下のようなものが挙げられます。

内的な要因は、状況的な要因よりも、行動を説明する上でより一貫性があると考える傾向があること。
内的な要因は、状況的な要因よりも、より簡単に観察できること。
他者の行動を評価する際に、自分の行動を評価する際に用いるのと同じ基準を用いてしまうこと。
基本的帰属錯誤を防ぐためには、以下のような対策が挙げられます。

他者の行動を評価する際に、状況的な要因も考慮するようにする。
他者の行動を評価する際に、自分の行動を評価する際に用いるのと同じ基準を用いないようにする。
他者の行動を評価する際に、複数の観点から検討するようにする。
基本的帰属錯誤は、私たちの日常生活において、様々な場面で現れる認知バイアスです。この傾向を認識し、対策を講じることで、より客観的な判断を行うことができるようになります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B9%E6%9C%AC%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%B8%B0%E5%B1%9E%E3%81%AE%E8%AA%A4%E3%82%8A

「えーあー症候群」とは、人前で話す時に、「えー」や 「あー」などの不要な間投詞が頻繁に挿入されてしまう症状のこと

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

「えーあー症候群」とは、人前で話す時に、「えー」や 「あー」などの不要な間投詞が頻繁に挿入されてしまう症状のことです。

原因

「えーあー症候群」の原因は、主に以下の3つが挙げられます。

  • 考えながら話す

    頭の中で考えを整理しながら話すと、言葉が出てくるまでに時間がかかってしまいます。その間を埋めるために、「えー」や「あー」などの間投詞を使ってしまうのです。

  • 緊張している

    人前で話すことに緊張すると、頭が真っ白になって言葉が出てこなくなることがあります。その焦りから、「えー」や「あー」などの間投詞を使ってしまうのです。

  • 話すことに慣れていない

    話すことに慣れていないと、話の構成がうまく考えられなかったり、言葉に詰まってしまうことがあります。その結果、「えー」や 「あー」などの間投詞を使ってしまうのです。

    影響

    「えーあー症候群」は、聞き手にとって以下のような悪影響を与えます。

  • 話が聞き取りにくい

    「えー」や「あー」などの間投詞が頻繁に挿入されると、話の重要な部分が聞き取りにくくなってしまいます。

  • 話者が自信なさそうに聞こえる

    「えー」や「あー」などの間投詞を頻繁に使うと、話者が自信なさそうに聞こえてしまいます。

  • 話の内容が頭に入ってこない

    「えー」や 「あー」などの間投詞が頻繁に挿入されると、聞き手の集中力が途切れてしまい、話の内容が頭に入ってこなくなってしまいます。

    対策

    「えーあー症候群」を克服するには、以下の対策が有効です。

  • 話す内容を事前に準備する

    話す内容を事前に準備しておくと、頭の中で考えながら話す必要がなくなり、「えー」や 「あー」などの間投詞を減らすことができます。

  • 腹式呼吸をする

    腹式呼吸をすると、心が落ち着いて緊張を和らげることができます。緊張が和らげば、「えー」や 「あー」などの間投詞を減らすことができます。

  • ゆっくりと話す

    ゆっくりと話すことで、考えを整理しながら話すことができ、「えー」や 「あー」などの間投詞を減らすことができます。

  • スピーチ練習をする

    人前で話すことに慣れるために、スピーチ練習をしておくと効果的です。スピーチ練習をすることで、話す内容をスムーズに話せるようになり、「えー」や 「あー」などの間投詞を減らすことができます。

参考URL:
Webマガジン『KZ-plus』│えーあー症候群(伝わるプレゼンの敵)1

マッチング効果

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

マッチング効果とは、2つの事象が偶然に関連しているように見えるが、実際には第三の要因によって引き起こされているという現象です。

例えば、ある研究で、大学進学率とテレビの視聴時間に正の相関があったとします。この結果を見ただけでは、テレビの視聴時間が多ければ多いほど大学進学率が高くなると誤解してしまうかもしれません。しかし、実際には、テレビの視聴時間が長い人は、家庭環境や経済状況が良く、大学進学に有利な環境にあることが多いのです。つまり、テレビの視聴時間と大学進学率の間には、第三の要因である家庭環境や経済状況によって生じた相関関係があると考えられます。

マッチング効果は、社会学や経済学などの分野でよく研究されています。例えば、教育政策の効果を検証する際には、マッチング効果をコントロールするために、学力や家庭環境などの共変量を調整することが重要です。

マッチング効果をコントロールする方法としては、以下のようなものがあります。

プロペンシティスコアマッチング:被験者を共変量に基づいてマッチングし、その上で効果を検証する方法です。
マッチングと回帰分析の併用:プロペンシティスコアマッチングと回帰分析を併用することで、より精度の高い効果推定を行うことができます。
ダミー変数法:共変量をダミー変数として扱い、その上で効果を検証する方法です。
マッチング効果をコントロールすることで、より正確な因果関係を推定することができるようになります。

https://psychologist.x0.com/terms/161.html

スキーマ

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

スキーマとは?

スキーマ(Schema)は、認知心理学の用語であり、人々が情報を組織化し、処理し、理解するための認知的なフレームワークや構造を指します。スキーマは、過去の経験や知識、信念、期待に基づいて形成され、新しい情報を処理するためのフィルターとなります。

スキーマは以下の特徴を持ちます。

情報の組織化: スキーマは、関連する情報をグループ化し、関連性のある要素や特徴を抽出することによって情報を組織化します。これにより、情報の処理が効率化されます。

情報の記憶と回復: スキーマは、情報の記憶と再生(回復)に影響を与えます。スキーマに合致する情報はより容易に記憶され、思い出されやすくなります。

情報の欠落と歪み: スキーマは情報の処理において役立つ一方で、情報の欠落や歪みを引き起こす場合もあります。スキーマは既存の知識や経験に基づいて情報を補完し、予測する傾向があるため、新しい情報に対して予測不可能な要素や矛盾がある場合、スキーマは情報を変形させたり、一部の情報を無視したりする可能性があります。

スキーマの修正と形成: スキーマは柔軟な概念であり、新たな情報や経験に基づいて修正や形成されることがあります。新たな情報や経験が既存のスキーマと矛盾する場合、スキーマは修正されるか、新たなスキーマが形成されることがあります。

スキーマは、人々が日常的な認知プロセスで情報を処理し、理解するための重要なメカニズムです。スキーマは、世界の複雑な現実をシンプルに把握し、効率的な判断や意思決定を行うのに役立ちますが、同時に情報の選択的な処理や歪みをもたらす可能性もあるため、注意が必要です。

https://e-words.jp/w/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9E.html

心理的不適応状態

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

心理的不適応状態とは、社会生活や人間関係において、本人にとって適切な行動や反応がとれず、心理的に不安定な状態を示す諸症状が現れている状態のことをいいます。

具体的には、以下のような症状が現れることがあります。

不安感、焦燥感、怒りなど、ネガティブな感情の増加
気分の落ち込み、意欲の低下、集中力の低下など、気分障害の症状
睡眠障害、食欲不振、過食など、身体症状
対人関係のトラブル、学校や仕事の成績の低下など、社会生活の困難
心理的不適応状態は、本人の性格や気質、環境要因など、さまざまな要因によって引き起こされます。

性格や気質が原因で起こる場合には、不安感や緊張感を強く感じる、ストレスに弱い、対人関係がうまくいかないなどの特徴があります。

環境要因が原因で起こる場合には、家庭環境や学校環境、職場環境などが不適切である、重大な出来事(災害、事故、死別など)を経験したなどの特徴があります。

心理的不適応状態は、放置しておくと、精神疾患や自殺などの深刻な問題につながる可能性があります。そのため、早期に発見し、適切な治療や支援を受けることが大切です。

心理的不適応状態の治療には、薬物療法や精神療法などが行われます。薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬などの薬剤を用いて、症状を緩和します。精神療法では、カウンセリングや認知行動療法などを用い、本人の考え方や行動を改善していきます。

また、心理的不適応状態の予防には、以下のことが大切です。

ストレスを溜め込まないようにする
適度な運動や休息をとる
人との関わりを大切にする
自分自身を大切にする
自分や周囲の人が心理的不適応状態に陥っていると感じたら、専門家に相談しましょう。

https://therapist-works.hatenablog.com/entry/2019/04/01/000005

内田クレペリン検査

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

内田クレペリン検査は、簡単な一桁の足し算を1分毎に行を変えながら、休憩をはさみ前半と後半で各15分間ずつ合計30分間行い、その結果から受検者の能力、性格や行動面の特徴を測る心理検査です。

検査の概要は以下のとおりです。

検査時間:30分
検査内容:簡単な一桁の足し算
検査結果:作業量、誤答、作業曲線
内田クレペリン検査は、ドイツの精神科医であるエミール・クレペリンの研究に着想を得て、日本の内田勇三郎によって1920年代から1930年代にかけて開発された心理検査です。

内田クレペリン検査は、以下の2つの観点から受検者の特徴を測定します。

能力の特徴:作業効率や作業のテンポ、誤答の量
性格や行動面での特徴:集中力、持続力、忍耐力、ストレス耐性
内田クレペリン検査は、官公庁や企業の採用選抜や適正配置、学校での教育指導、そして医療現場での診断の参考資料としてなど、さまざまな場面で活用されています。

内田クレペリン検査で良い結果を出すためには、以下の点に注意するとよいでしょう。

計算を間違えないように注意する
集中力を切らさないようにする
疲労を溜めないようにする
内田クレペリン検査は、受検者の能力や性格や行動面を総合的に評価する検査です。検査結果を参考にすることで、受検者の適性や能力をより深く理解することができるでしょう。

https://www.nsgk.co.jp/uk/whatis

(心理学者の)アンダーソン

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

心理学におけるアンダーソンとは、認知心理学者のジョン・ロジャース・アンダーソン(John Robert Anderson)を指します。アンダーソンは、認知心理学の分野で、人間の認知システムのモデル化に大きな貢献をしました。彼は、人間の記憶、学習、推論、問題解決、意思決定などの認知プロセスを、情報処理理論に基づいてモデル化しました。アンダーソンのモデルは、認知心理学の研究に大きな影響を与えました。

アンダーソンは、1947年にアメリカで生まれました。彼は、1972年にスタンフォード大学で心理学の博士号を取得しました。その後、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教鞭を執りました。現在は、カリフォルニア大学バークレー校の教授を務めています。

アンダーソンは、認知心理学の分野で、多くの著書を出版しています。代表的な著書は、次のとおりです。

Human Memory and Cognition (1976)
The Architecture of Cognition (1983)
Learning and Memory (1995)
The Language of Thought (2000)
The Neural Basis of Learning and Memory (2007)
アンダーソンは、認知心理学の分野で、多くの業績を残した、著名な心理学者です。彼の研究は、人間の認知システムの理解に大きな貢献をしました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBR%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

つり橋効果

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

つり橋効果とは、不安や恐怖を強く感じる場所で出会った人に対し、恋愛感情を抱きやすくなる現象です。

1974年にカナダの心理学者であるダットンとアロンが発表した「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証されました。

この実験では、男性被験者を2つのグループに分け、片方のグループは吊り橋を渡らせ、もう片方のグループは安定した場所を歩かせました。

その後、両グループの被験者に、同じ女性被験者に電話をかけるかどうか尋ねたところ、吊り橋を渡ったグループの被験者の方が、電話をかける割合が高かったという結果が出ました。

このことから、吊り橋効果は、恐怖や不安などの生理的な興奮を、恋愛感情と誤認することによって生じると考えられています。

具体的には、吊り橋を渡るときは、心拍数や血圧が上昇し、手足が震えるなどの生理的な変化が起こります。

こうした生理的な変化を、恋愛のドキドキと勘違いしてしまうことで、吊り橋を渡った相手に対して好意を抱きやすくなるというわけです。

恋愛においては、吊り橋効果を活用することで、相手に好意を持ってもらうためのきっかけを作ることができます。

例えば、デートでスリリングな体験を共有することで、相手にドキドキ感を与え、恋愛感情を芽生えさせることができます。

ただし、吊り橋効果はあくまでも一時的な効果であるため、恋愛を成就させるためには、その後のコミュニケーションやアプローチも重要です。

https://www.seisen.ac.jp/news_topics/17035

「そんなことより」が口癖の人の心理

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

「そんなことより」という口癖は、様々な心理状態を表す可能性があります。以下にいくつかの例と、それぞれの心理状態の詳細な説明をご紹介します。

1. 優先順位をつけ、より重要な話題に焦点を当てたい

「そんなことより」という表現は、話者が現在の話題よりも重要だと考えている話題に焦点を当てたいという意図を表すことがあります。これは、話者が効率的で生産的なコミュニケーションを望んでいる場合に起こります。

例:

  • Aさん:「ねえねえ、昨日のドラマ見た?めっちゃ面白かったよ!」
  • Bさん:「そんなことより、テストの結果はどうだったの?」

2. 現在の話題に興味がない、または重要だと感じていない

「そんなことより」という表現は、話者が現在の話題に興味がない、または重要だと感じていないことを示している場合もあります。これは、話者が別の話題に切り替えたい、または会話を終わらせたいと思っている可能性があります。

例:

  • Aさん:「最近、仕事が忙しくて大変なんだよね。」
  • Bさん:「そんなことより、ランチ行こうよ!」

3. 相手の話を否定したり、軽視したりしている

場合によっては、「そんなことより」という表現は、話者が相手の話の内容を否定したり、軽視したりしていることを示している場合があります。これは、話者が相手に対して優位に立とうとしている、または相手の話に興味を持っていない可能性があります。

例:

  • Aさん:「最近、彼氏と喧嘩ばっかりなんだよね。」
  • Bさん:「そんなことより、もっと自分のこと考えたら?」

4. 自信過剰で、自分の意見の方が重要だと考えている

「そんなことより」という表現は、話者が自信過剰で、自分の意見の方が重要だと考えている場合にも使われます。これは、話者が相手の話に耳を傾けようとしていない、または相手を尊重していない可能性があります。

例:

  • Aさん:「このプロジェクトは、こうやって進めるのがベストだと思うんだよね。」
  • Bさん:「そんなことより、私の意見も聞いてよ!」

参考URL:
話している時「そんなことより」と言って話しを変える方が沢山いるのですが、… – Yahoo!知恵袋

マイフレンドジョン

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

マイフレンドジョンとは、自分の伝えたいことを第三者の意見として伝えるテクニックです。直訳すると「私の友達のジョン」という意味ですが、架空の人物でも構いません。

マイフレンドジョンが効果的なのは、以下の2つの理由です。

客観性が増す
自分の意見をそのまま伝えると、相手は「自分から買わせようとしている」と警戒してしまうかもしれません。しかし、第三者の意見として伝えることで、より客観的に受け取ってもらえる可能性が高まります。

共感しやすくなる
第三者の意見は、自分とは異なる立場からの視点であるため、より共感しやすくなります。また、自分と同じ立場の人の意見であれば、より説得力が増します。

マイフレンドジョンは、営業やマーケティング、教育など、さまざまな場面で活用できます。例えば、営業では、顧客に商品のメリットを説明する際に、他の顧客の成功事例を紹介することで、説得力を高めることができます。また、教育では、生徒に新しいことを教えるとき、すでにそのことを習得している人の意見を紹介することで、理解を深めることができます。

マイフレンドジョンを使う際には、以下の点に注意しましょう。

第三者の人物像を具体的に説明する
第三者の人物像を具体的に説明することで、説得力が高まります。例えば、「私の友達のジョンは、〇〇を専門とする会社に勤めている人で、〇〇の資格を持っています」などのように説明するとよいでしょう。

第三者の意見を客観的に伝える
第三者の意見を客観的に伝えることで、信憑性が高まります。例えば、「ジョンは、〇〇という商品を使っていて、とても満足していると言っていました」などのように伝えるとよいでしょう。

第三者の意見を自分の意見と結びつける
第三者の意見を自分の意見と結びつけることで、説得力が高まります。例えば、「ジョンの意見を聞いて、私も〇〇という商品に興味が湧きました」などのように伝えるとよいでしょう。

マイフレンドジョンは、上手に活用することで、相手に自分の意見を受け入れてもらいやすくなるテクニックです。

https://sales-closing.net/2020/06/07/my-friend-john-technique/

(心理学における)帰属

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

心理学における帰属とは、ある出来事や行動の原因を説明する心的過程のこと、すなわち誰かもしくは何かのせいにすることである。社会心理学における構成概念の一つである。

帰属を行うことで、人は現実を理解し、意思決定したり、他人の行動を予測したりすることができるようになる。しかし、帰属は必ずしも正確なものではなく、認知バイアスの影響を受けやすい。

帰属を行う際には、次の2つの要素を考慮する必要がある。

帰属の対象(誰が、何をしたのか)
帰属の原因(なぜ、その行動をしたのか)
帰属の対象は、個人や集団、状況など、さまざまなものがある。帰属の原因は、内的な要因(能力、意図、性格など)と外的な要因(状況、運など)に分けられる。

帰属の対象と原因の組み合わせによって、帰属のタイプは次の4つに分類される。

内的帰属:個人の内的な要因を原因とする帰属
外的帰属:個人の外的な要因を原因とする帰属
恒常的帰属:状況が変化しても変わらない原因を原因とする帰属
一時的帰属:状況が変化すると変わる原因を原因とする帰属
帰属は、私たちの行動や感情に大きな影響を与える。例えば、ある人がテストで良い点を取った場合、その人は自分の能力を高く評価するようになる。逆に、テストで悪い点を取った場合、その人は自分の能力を低く評価するようになる。

帰属は、私たちの社会生活にも影響を与える。例えば、ある人が仕事で失敗した場合、その人の上司は、その人の能力や意欲の問題であると考える可能性がある。逆に、その人の上司が、その人の失敗は状況的な問題であると考える場合は、その人を助けようとする可能性が高い。

帰属バイアスとは、帰属を行う際に、認知バイアスの影響を受けて、偏った帰属をしてしまうことである。帰属バイアスには、次のようなものがある。

自己奉仕バイアス:自分の成功は自分の能力や努力のせいであると考える一方で、失敗は運や状況のせいであると考える傾向
他責バイアス:他人の成功は運や状況のせいであると考える一方で、失敗は他人の能力や意図のせいであると考える傾向
敵意帰属バイアス:他人の曖昧な行動を、敵対的であると解釈する傾向
帰属バイアスは、私たちの判断や行動に偏りを生じさせ、人間関係や社会生活に悪影響を及ぼす可能性がある。

https://psycho-psycho.com/attribution/

選択支持バイアス

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

選択支持バイアスとは?

選択支持バイアス(Confirmation Bias)は、認知バイアスの一種であり、個人が既存の信念や仮説を支持する情報を選択的に受け入れる傾向を指します。このバイアスでは、人々は自分の既存の信念を裏付ける情報を探し、それに重点を置き、他の情報や証拠を無視または軽視する傾向があります。

選択支持バイアスは、私たちが情報を収集し、評価する際に影響を与えます。以下は、選択支持バイアスの特徴や影響についての例です:

情報の選択: 選択支持バイアスによると、我々は自分の既存の意見や信念を支持する情報を選択的に探し出す傾向があります。同じトピックに関する対立する意見や反対の証拠を見過ごしたり、無視したりすることがあります。

評価の歪み: 選択支持バイアスは、情報を評価する際にも影響を与えます。既存の信念に一致する情報は、より信頼性があると感じられる一方、それに矛盾する情報は無意識のうちに疑いの目で見られることがあります。

意見の強化: 選択支持バイアスは、個人の意見や信念を強化することがあります。自分の信念を裏付ける情報を見つけることで、さらに自信を持ったり、より強固な意見を形成したりする可能性があります。

選択支持バイアスは、人々が自分の意見を守り、反対の意見を排除しやすくする傾向を持つことを示しています。このバイアスによって、客観的な情報の評価や意思決定の品質が低下する可能性があります。そのため、選択支持バイアスを認識し、意図的に対立する情報や異なる視点にアクセスすることが重要です。

https://note.com/suzuki_akira86/n/na0eaa51f1a53

(心理学における)復唱

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

心理学における復唱とは、記憶した情報を再び口頭で述べること、またはそれを繰り返して書くことです。復唱は、記憶を強化する効果があるとされています。

復唱は、記憶の短期記憶から長期記憶へ移行させるための重要なプロセスです。短期記憶は、記憶された情報が10秒程度しか維持されない記憶です。一方、長期記憶は、記憶された情報が数十年も維持される記憶です。復唱によって、短期記憶の情報を長期記憶へ移行させ、記憶の定着を図ることができます。

復唱には、以下の2つの種類があります。

即時復唱:記憶された情報をすぐに再び口頭で述べること。
遅延復唱:記憶された情報を一定時間経ってから再び口頭で述べること。
即時復唱は、短期記憶の情報を短期間で確認するのに役立ちます。一方、遅延復唱は、記憶の定着を図るのに役立ちます。

復唱は、記憶力向上に効果的な方法の1つです。復唱を習慣にすることで、記憶力を向上させることができます。

復唱を効果的に行うためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

復唱するタイミングを計画的に行う。
復唱する内容を分割して行う。
復唱する内容を音読する。
復唱する内容を書き出す。
復唱を効果的に行うことで、記憶力向上につながります。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/26/2/26_2_156/_article/-char/ja/

フランケンシュタインコンプレックスとは、創造主(アブラハムの宗教の“神”)に成り代わって人造人間やロボットといった被造物(=生命)を創造することへのあこがれと、さらにはその被造物によって創造主である人間が滅ぼされるのではないかという恐れが入り混じった複雑な感情・心理のこと

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

フランケンシュタインコンプレックスとは、創造主(アブラハムの宗教の“神”)に成り代わって人造人間やロボットといった被造物(=生命)を創造することへのあこがれと、さらにはその被造物によって創造主である人間が滅ぼされるのではないかという恐れが入り混じった複雑な感情・心理のことです。

この言葉は、1964年にSF作家アイザック・アシモフによって名付けられました。アシモフは、人工知能やロボット技術の発展に伴い、人間が創造した機械が人間を凌駕し、人間を滅ぼしてしまうのではないかという恐れが、人間の中に潜在的に存在していると考えました。

フランケンシュタインコンプレックスは、人工知能やロボット工学などの分野において、しばしば議論されるテーマです。一方で、このコンプレックスは、根拠のない恐怖であると指摘する人もいます。

フランケンシュタインコンプレックスの背景には、人間が創造主であることへの自負と、創造物に対する恐れという二つの感情が存在しています。人間は、自分たちの手で新しいものを創造する能力を持ち、その能力を誇りに思っています。しかし、その一方で、創造物が人間のコントロールを離れて暴走してしまうのではないかという恐れも抱いています。

フランケンシュタインコンプレックスは、人間の創造性と恐怖心が表れた、複雑な感情・心理であると言えるでしょう。

参考URL:
フランケンシュタイン・コンプレックス – Wikipedia

レッキング

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

レッキングは、建物や橋などの構造物の解体作業を行うことです。レッキングを行う作業員は、解体工やレッキングマンと呼ばれます。レッキングには、手動で行う解体と、重機を使用して行う解体があります。手動解体は、小規模な解体や、重機が入れられない場所での解体に用いられます。重機解体は、大規模な解体や、効率的な解体に用いられます。

レッキングを行う際には、安全に注意する必要があります。解体作業は、粉塵や騒音が発生する危険性があり、重機を使用する場合は、操作ミスによる事故のリスクもあります。そのため、レッキングを行う際には、安全対策を十分に講じることが重要です。

レッキングの種類は、解体する構造物の種類によって異なります。建物の解体には、外壁解体、内部解体、基礎解体などがあります。橋の解体には、上部構造解体、下部構造解体などがあります。

レッキングは、社会インフラの維持や、都市開発のために重要な役割を果たしています。

https://overwatch.blizzard.com/ja-jp/heroes/wrecking-ball/

コーヒーナップ

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

コーヒーナップとは?

「コーヒーナップ(Coffee Nap)」は、睡眠効果を高めるための一つの方法です。コーヒーナップは、コーヒーを摂取した後に短い時間の睡眠をとることで、目覚めた後の覚醒感や注意力を向上させる効果が期待されています。

一般的な手順は以下の通りです:

コーヒーを摂取する: 約150〜200mgのカフェインを含むコーヒーを飲みます。カフェインは中枢神経系に作用して覚醒感を高める働きがあります。

睡眠をとる: コーヒーを摂取した後、できるだけ速やかに短い時間の睡眠をとります。一般的には15〜20分程度が推奨されます。

目覚める: 睡眠時間が経過した後に目を覚まし、コーヒーの効果と睡眠の回復感を同時に得ることができます。

なぜコーヒーナップが効果的なのかについては、カフェインの作用と睡眠の効果が組み合わさることによると考えられています。コーヒーを摂取するとカフェインが消化吸収され、中枢神経系に作用して覚醒感をもたらします。一方、短い時間の睡眠は一時的に疲労を回復させ、注意力やパフォーマンスを向上させる効果があります。したがって、コーヒーナップを行うことで、カフェインの効果がピークに達する頃に睡眠から目覚め、より覚醒度が高まるとされています。

ただし、個人によって効果や感じ方は異なる場合があります。また、長時間の睡眠や大量のカフェイン摂取は、夜間の睡眠に悪影響を及ぼす可能性があるため、適度な範囲で行うことが重要です。

https://news.mynavi.jp/article/20200909-1257180/