「どうも」が口癖の人の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

「どうも」は、日本語の挨拶の中でも最もよく使われる言葉のひとつです。そのため、口癖として「どうも」を使う人は、それほど珍しくありません。

「どうも」が口癖の人の心理としては、以下のようなものが考えられます。

謙虚な性格

「どうも」は、相手を立てたり、自分を卑下したりする意味で使われることが多いです。そのため、「どうも」が口癖の人は、謙虚な性格で、相手に失礼のないように気を遣う人であると言えます。

社交的な性格

「どうも」は、相手に好意を示したり、親しみを込めたりするためにも使われます。そのため、「どうも」が口癖の人は、社交的な性格で、周囲の人とコミュニケーションをとることを大切にしている人であると言えます。

適当な性格

「どうも」は、あいまいな表現で、具体的な内容を述べない意味でも使われます。そのため、「どうも」が口癖の人は、適当な性格で、物事を深く考えたり、具体的に表現したりするのが苦手な人であると言えます。

他にも、以下のようなものも考えられます。

  • 自分のことをあまり語りたがらない性格
  • 周囲の目を気にしない性格
  • 自分の気持ちを表現するのが苦手な性格

このように、「どうも」が口癖の人の心理は、人によってさまざまです。しかし、いずれにしても、口癖は、その人の性格や考え方を表すものであると言えるでしょう。

「どうも」が口癖の人が、周囲からどう見られるかというと、人によって印象は異なるでしょう。謙虚な性格で、相手に失礼のないように気を遣う人だと見られる一方で、適当な性格で、物事を深く考えたり、具体的に表現したりするのが苦手な人だと見られることもあります。

もし、自分が「どうも」を口癖にしていることに気づいた場合は、自分の性格や考え方について、改めて考えてみるとよいかもしれません。

参考URL:
「すみません」や「どうも」が口癖の人は損をする【3つの理由】 - かむ的かむかむぶろぐ

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5