「高い」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「高い」が口癖の人の心理は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

お金にシビアな人

「高い」が口癖の人の多くは、お金にシビアな傾向があります。そのため、物やサービスの価格を気にして、「高い」と口に出すことが多いのです。

節約家

「高い」が口癖の人は、節約家である可能性もあります。そのため、無駄遣いを避けるために、「高い」と口に出して、自分自身を戒めているのかもしれません。

ネガティブ思考な人

「高い」が口癖の人は、ネガティブ思考な人である可能性もあります。そのため、物やサービスを目にすると、すぐに「高い」と否定的な言葉を口に出すのです。

具体的には、以下のような心理が考えられます。

  • お金がない
    お金がないことを自覚しているため、物やサービスの価格を気にして、「高い」と口に出す。

  • 価値を認めない
    物やサービスの価値を認めていないため、価格に見合わないと感じて、「高い」と口にする。

  • 不満を表現する
    物やサービスの価格に不満を感じているため、それを「高い」という言葉で表現する。

また、口癖には、本人の性格や価値観が反映されることが多いため、以下のような性格や価値観が考えられます。

  • 現実主義者
    物事の本質を捉える傾向があり、現実的な考え方をする人。

  • 倹約家
    無駄遣いを嫌い、お金を大切にする人。

  • 批判的
    物事を否定的に捉えやすい人。

もちろん、人によって心理や性格は異なるため、一概に「高い」が口癖の人はこうだと断言することはできません。しかし、上記のような心理や性格が考えられるため、その人の言動を理解する上でのヒントになるでしょう。

参考URL:
何でもかんでも高い高いと言う人はなぜですか?ケチなのでしょうか... - Yahoo!知恵袋