ドミノキック症候群とは、やってはいけないとわかっていることを、ついやってしまいたくなってしまう心理状態

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ドミノキック症候群とは、やってはいけないとわかっていることを、ついやってしまいたくなってしまう心理状態を指す言葉です。

ドミノキック症候群の具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ルールやマナーを守ることができない
  • 危険なことを冒したくなる
  • 他人の迷惑になるようなことをしてしまう

ドミノキック症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 反抗心や挑戦心:権威や秩序に対して、反抗心や挑戦心を抱いている
  • スリルや興奮を求めている:スリルや興奮を求める傾向がある
  • 承認欲求:他人から認められたい、注目されたいと思っている
  • 不安やストレスを解消したい:不安やストレスを解消するために、危険なことを冒したり、ルールを破ったりしてしまう

ドミノキック症候群は、以下の問題を引き起こす可能性があります。

  • トラブルや事故に巻き込まれる
  • 人間関係のトラブルになる
  • 法律に触れる

ドミノキック症候群を予防するためには、以下のようなものが効果的です。

  • ルールやマナーを守る意識を高める
  • 危険なことの危険性を理解する
  • スリルや興奮を求める衝動をコントロールする
  • 不安やストレスを解消する方法を見つける

ドミノキック症候群を発症した場合は、以下のようなものが効果的です。

  • 自分の行動や考えを振り返り、なぜそのような行動をしてしまうのかを理解する
  • 信頼できる人に相談し、サポートを受ける
  • 専門家の助けを求める

ドミノキック症候群は、誰にでも起こり得る現象です。一人で抱え込まずに、周囲の人に相談したり、専門家の助けを求めたりして、克服していきましょう。

ドミノキック症候群の名称は、ドミノを並べていて、つい1本蹴りたくなる衝動に由来しています。ドミノは、1本蹴ると、連鎖的に倒れていきます。ドミノキック症候群の人は、ルールやマナーを破ったり、危険なことを冒したりすることで、自分自身や周囲の人々を巻き込んで、大きな問題を引き起こしてしまう可能性があります。

参考URL:
ドミノキック症候群 - 川越こころサポート室(埼玉)