閉店時間効果とは、ある商品やサービスが、閉店時間に近づくほど、売れ行きが良くなるという効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

閉店時間効果とは、ある商品やサービスが、閉店時間に近づくほど、売れ行きが良くなるという効果です。これは、顧客が、閉店時間までに購入しないと、その商品やサービスを手に入れることができなくなるという焦りから、購入意欲が高まるためと考えられています。

例えば、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、閉店時間に近づくと、値引き商品や特売商品が売れ行きが良くなる傾向があります。また、セールやバーゲンなどのイベントでは、閉店時間に近づくと、混雑する傾向があります。

閉店時間効果は、以下の2つの要因によって説明されています。

  • 時間的制約:閉店時間までに購入しないと、その商品やサービスを手に入れることができなくなるという時間的制約によって、購入意欲が高まる。
  • 損失回避:閉店までに購入しないと、その商品やサービスを手に入れることができないという損失を回避したいという心理によって、購入意欲が高まる。

閉店時間効果は、マーケティングや広告などの分野で活用されています。例えば、閉店時間までに購入を促すようなキャンペーンや広告を実施することで、購買意欲を高め、売上を伸ばすことができます。

閉店時間効果を理解することで、私たちは、買い物をより効果的に行うことができるかもしれません。例えば、お得に買い物をしたいときは、閉店時間に近い時間帯に買い物に行くように意識することで、お得な商品やサービスを手に入れることができるかもしれません。

参考URL:
食品の閉店セール効果とは「いま次世代と語りたい未来のこと 持続可能な消費と生産」フォーラムに参加して(井出留美) - エキスパート - Yahoo!ニュース