ロリータコンプレックスは、一般的には成人男性が未成年の少女に対して異常な性的な興味を持つ傾向や欲望を指す言葉

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ロリータコンプレックスは、一般的には成人男性が未成年の少女に対して異常な性的な興味を持つ傾向や欲望を指す言葉です。この用語は、ウラジーミル・ナボコフの小説『ロリータ』に登場する主人公の名前から派生しています。

具体的には、ロリータコンプレックスは、成人男性が幼さや無垢さを持つ少女に対して異常に強い性的興奮や執着を感じる状態を指します。これは病的な性的指向や嗜好であり、一般には社会的に受け入れられていないものと見なされています。

重要なのは、この用語が文学作品から派生しているという点であり、実際の精神医学的な診断基準ではないことです。ただし、これと関連する問題は性的な偏向や異常な性的興奮に関する精神医学的な研究や討論の対象となっています。

参考URL:
ロリータ・コンプレックス - Wikipedia