心の発達

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心の発達とは、生後から成人になるまで、人間の心の機能や構造が成長・変化していくプロセスです。心の機能には、知覚、認知、感情、意欲、社会性など、さまざまなものがあります。

心の発達は、遺伝的な要因と環境的な要因が複雑に絡み合って起こります。遺伝的な要因は、心の機能の土台となるものを決定します。環境的な要因は、遺伝的な要因に基づいて、心の機能がどのように発達していくのかを左右します。

心の発達は、乳幼児期に急速に進みます。乳幼児期には、言語能力、認知能力、感情のコントロール能力などが急速に発達します。学童期になると、学習能力や社会性が発達します。思春期になると、自我やアイデンティティが形成されます。成人期になると、自己肯定感や社会適応能力がさらに発達していきます。

心の発達の具体例としては、以下のようなことが挙げられます。

生後数ヶ月で笑顔を出すようになる
生後1歳頃に単語を話すようになる
2歳頃に自我が芽生え、自分の主張をするようになる
3歳頃に言葉や遊びを通して、社会性を身につけていく
学童期に学習能力が向上し、学校生活に適応していく
思春期に自我やアイデンティティが形成され、自分の人生を生きていくようになる
成人期に自己肯定感や社会適応能力がさらに発達し、社会の一員として活躍していく
心の発達は、人間の成長に欠かせないプロセスです。心の発達が正常に行われないと、さまざまな問題が生じる可能性があります。そのため、心の発達を促すような環境づくりが重要です。

http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ycucap/?page_id=1259