負のピア効果とは、同じ集団に所属している仲間や同僚などがお互いの行動、生産性に悪影響を及ぼし合うこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

負のピア効果とは、同じ集団に所属している仲間や同僚などがお互いの行動、生産性に悪影響を及ぼし合うことをいいます。

負のピア効果は、以下の2つの原因から生じます。

  • 同調圧力
    人は、周囲の人の行動や考えに影響を受けやすい傾向があります。そのため、周囲の仲間や同僚が悪い行動をしていると、それに同調して同じような行動をしてしまう可能性があります。

  • 模倣
    人は、周囲の人の行動を模倣する傾向があります。そのため、周囲の仲間や同僚が悪い行動をしていると、それに倣って同じような行動をしてしまう可能性があります。

負のピア効果は、以下のような場面で見られ、以下のような影響を与える可能性があります。

  • 学習
    学校において、不良グループに属する生徒は、グループの仲間に影響を受けて、学習意欲や成績が低下する可能性があります。

  • 職場
    職場において、遅刻や欠勤が多い社員がいると、周囲の社員も同じような行動をしてしまう可能性があります。

  • 犯罪
    犯罪集団に属する若者は、集団の仲間に影響を受けて、犯罪を犯す可能性が高くなります。

負のピア効果を予防するためには、以下の対策を講じることが重要です。

  • リーダーシップを発揮する
    集団のリーダーは、集団の規範やモラルを明確にし、それに沿った行動をするよう、メンバーに働きかける必要があります。

  • ロールモデルを示す
    集団に、良い行動を模範とするロールモデルがいると、メンバーはそれに倣って同じような行動をしやすくなります。

  • コミュニケーションを活発にする
    メンバー間で、率直に意見を交わし、お互いの考えを理解し合うことで、同調圧力や模倣による悪影響を抑えることができます。

参考URL:
RIETI - 負のピア効果―クラスメイトの学力が高くなると生徒の学力は下がるのか?―

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5