学習者検証の原理とは、学習者の学習成果を、学習者自身が検証することで、学習がより効果的に行われるというもの

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

学習者検証の原理とは、学習者の学習成果を、学習者自身が検証することで、学習がより効果的に行われるというものです。この原理は、アメリカの心理学者B・F.スキナーによって提唱されました。

学習者検証の原理では、学習者が自分の学習成果を検証することで、学習の理解度や達成度を客観的に評価することができ、学習の修正や強化が容易になるとしています。具体的には、学習者が問題や課題を解答し、その結果を自分で確認することで、学習の理解度を高め、学習の効率を向上させることができるとされています。

学習者検証の原理は、教育やトレーニングなどさまざまな分野で応用されています。例えば、教育では、学習者が問題や課題を解答し、その結果を自分で確認できるように、教材やカリキュラムを工夫しています。また、トレーニングでは、学習者が自分のパフォーマンスを自分で確認できるように、フィードバックシステムを導入しています。

学習者検証の原理を理解することで、より効果的な学習やトレーニングを行うことができます。

学習者検証の原理の具体例としては、以下が挙げられます。

  • 学習者が問題や課題を解答し、その結果を自分で確認できるように、教材やカリキュラムを工夫する
  • 学習者が自分のパフォーマンスを自分で確認できるように、フィードバックシステムを導入する
  • 学習者が自分の学習成果を振り返り、改善点を検討できるように、学習記録や学習計画を作成する

これらの工夫は、学習者の学習の理解度や達成度を高め、学習の効率を向上させるのに役立ちます。

なお、学習者検証の原理は、必ずしもすべての学習者に適しているわけではありません。学習の目的や内容によっては、教師やコーチなどの第三者による検証がより効果的である場合もあります。

参考URL:
プログラム学習の5原則