即時フィードバックの原理とは、学習者が自分の行動に対して、すぐにフィードバックを受けることで、学習がより効果的に行われるという心理学的な原理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

即時フィードバックの原理とは、学習者が自分の行動に対して、すぐにフィードバックを受けることで、学習がより効果的に行われるという心理学的な原理です。この原理は、アメリカの心理学者B・F.スキナーによって提唱されました。

即時フィードバックの原理では、学習者が自分の行動に対して、すぐにフィードバックを受けることで、その行動が正しいのか、間違っているのかが明確になり、学習の修正や強化が容易になるとしています。具体的には、学習者が正しい解答をすると、その正しさを学習者に知らせる「フィードバック」をすぐに行うことで、学習が促進されると考えられています。

即時フィードバックの原理は、教育やトレーニングなどさまざまな分野で応用されています。例えば、教育では、学習者が問題を解答したら、すぐに正解か不正解かをフィードバックすることで、学習の効率を向上させています。また、トレーニングでは、スポーツ選手が正しいフォームで練習をすると、すぐにコーチからフィードバックを受けることで、フォームの改善が促進されています。

即時フィードバックの原理を理解することで、より効果的な学習やトレーニングを行うことができます。

即時フィードバックの原理の具体例としては、以下が挙げられます。

  • 学習者が問題を解答したら、正解か不正解かをすぐにフィードバックする
  • 学習者が目標を達成したら、その結果をすぐにフィードバックする
  • 学習者が何か新しいことを学んだら、そのことをすぐにフィードバックする

これらの即時フィードバックは、学習者の理解度を高め、学習の効率を向上させるのに役立ちます。

なお、即時フィードバックは、必ずしも正解か不正解を示すものだけではありません。学習者の行動を、客観的に評価し、改善すべき点や伸ばすべき点を指摘することも、即時フィードバックとして有効です。

参考URL:
プログラム学習とは?スキナーの説いた5つの原理をやさしく解説 - Chiik!(チーク) -乳幼児〜小学生までの知育・教育メディア-

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5