コンプレックス産業とは、顧客の「劣等コンプレックス」を解決し、それに対する対価を得る産業

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

コンプレックス産業とは、顧客の「劣等コンプレックス」を解決し、それに対する対価を得る産業です。ここでいうコンプレックスは、厳密な心理学用語ではなく、一般的に「他人より劣っている」「魅力が不足している」といったネガティブな感情や認識を指します。

コンプレックス産業の代表的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 美容業界:エステ、化粧品、美容外科、整形外科など
  • ダイエット業界:サプリメント、ダイエット食品、ダイエットジムなど
  • ファッション業界:ブランド品、高級時計、高級車など
  • 教育業界:塾、家庭教師、資格スクールなど

これらの産業は、顧客の外見や内面の欠点や劣等感をターゲットに、それを解消するための商品やサービスを提供しています。

コンプレックス産業は、現代社会において大きな影響力を持つ産業の一つです。近年では、マスメディアやSNSの影響により、人々が外見や内面の美しさに過剰に敏感になっていることも、コンプレックス産業の拡大に拍車をかけています。

コンプレックス産業は、顧客の悩みを解決し、自信を与えることにもつながります。しかし、一方で、コンプレックスを煽り、過剰な消費を促すという批判もあります。

コンプレックス産業と上手に付き合うためには、自分のコンプレックスを正しく理解し、それを解決するために必要な手段を冷静に判断することが大切です。

参考URL:
コンプレックス産業 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5