会食恐怖症とは、人前で食事をすることに強い不安や恐怖を感じること

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

会食恐怖症とは、人前で食事をすることに強い不安や恐怖を感じることを指します。 人前で食事をすることに対して過剰に緊張し、食べ物がのどに詰まったり、口からこぼれたりするのではないかという不安感や、自分が周囲から嫌われたり笑われたりするのではないかという恐怖感がある状態です。

会食恐怖症は、社交不安症の一種として分類されています。社交不安症は、他者から評価されることを恐れて、人前で話したり、行動したりすることに強い不安や恐怖を感じることを指します。

会食恐怖症の原因は、明らかになっていませんが、遺伝的要因や、幼少期のトラウマなどの心理的要因が関係していると考えられています。

会食恐怖症の症状は、以下のようなものです。

  • 人前で食事をすることへの強い不安や恐怖
  • 食事をする際に、食べ物がのどに詰まったり、口からこぼれたりするのではないかという不安感
  • 自分が周囲から嫌われたり笑われたりするのではないかという恐怖感
  • 人前で食事を避ける
  • 食事の量を減らす
  • 食事に集中できない

会食恐怖症は、対人関係や仕事などの社会生活、日常生活にも支障をきたす可能性があります。

会食恐怖症の治療法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 薬物療法
  • 認知行動療法
  • グループ療法

薬物療法では、抗不安薬や抗うつ薬などの薬物を用いることで、不安や恐怖感を抑える効果が期待できます。

認知行動療法では、会食恐怖症の原因となっている考え方や行動を修正することで、症状を改善する効果が期待できます。

グループ療法では、同じ会食恐怖症の人と交流することで、不安や恐怖感を軽減する効果が期待できます。

会食恐怖症の治療には、時間と根気が必要となりますが、適切な治療を受けることで、症状を改善することができます。

参考URL:
会食恐怖症 | 大阪メンタルクリニック