(心理学における)自由意志とは、自分の行動を決定する際に、外部からの制約や必然性を受けずに、自らの意志で選択できること

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

(心理学における)自由意志とは、自分の行動を決定する際に、外部からの制約や必然性を受けずに、自らの意志で選択できることを指します。

自由意志の存在は、哲学においては古くから議論されてきた問題であり、心理学においても、近年の脳科学の研究によって、自由意志の存在をめぐる議論が活発化しています。

自由意志の存在を肯定する立場では、人は自分の行動を決定する際に、意識的な心的状態や、過去の経験、価値観などの要因を総合的に考慮して、自らの意志で選択していると主張します。

一方、自由意志の存在を否定する立場では、人の行動は、脳の活動によって決定されており、意識的な心的状態は、あくまでも行動の副産物に過ぎないと主張します。

心理学における自由意志の研究は、まだ始まったばかりであり、自由意志の存在を明確に証明することは難しい状況です。しかし、自由意志の存在をめぐる議論は、人間の行動や意識の理解に重要な意味を持つものであり、今後も継続して研究が進められることが期待されています。

自由意志の研究においては、主に以下の3つの問題が議論されています。

他行為可能性の問題:人は、自分の行動を決定する際に、複数の選択肢の中から、自由に選択することができるのか?
行為者性の問題:人は、自分の行動の原因であり、責任を負うことができるのか?
決定論の問題:人の行動は、過去の出来事や、脳の活動によって決定されており、自由意志は存在しないのか?
これらの問題は、いずれも自由意志の存在をめぐる重要な問題であり、心理学における自由意志の研究において、重要なテーマとなっています。

参考URL:
自由意志 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5