ジラード250の法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ジラード250の法則とは?

ジラード250の法則(Girard's Law of 250)は、人間関係や情報の拡散に関する社会心理学的な法則です。この法則は、人々の社会的な接触グループの大きさが限定的であることを指摘しています。

具体的には、ジラード250の法則は以下のような主張を含んでいます:

人々が維持できる社会的接触グループの最大数は約250人である。
この250人のグループは、個人が相互作用し、関係を築くことができる限界とされる。
250人を超えると、個人は直接的な関係を持つことが難しくなり、一方的な関係や間接的なつながりになる傾向がある。
人間の社会的な接触は、階層化された構造を持ち、250人を中心としたグループが階層的に組織されることが多い。
ジラード250の法則は、ロビン・ダンバー(Robin Dunbar)によって提唱されたダンバーの数字(Dunbar's number)と関連しています。ダンバーの数字は、個人が維持できる社会的な接触グループの上限を約150人と推定しました。一方、ジラードはこの数字をより広い範囲に拡張し、250人としたことで知られています。

この法則は、ビジネスやマーケティング、ソーシャルネットワーク分析などの分野で応用されることがあります。例えば、商品や情報の拡散戦略を立案する際に、250人を基準としてターゲットオーディエンスを考慮することができます。

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E5%96%B6%E6%A5%AD%E6%B3%95%E5%89%87-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89/dp/4894517930

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5