手続き記憶とは、長期記憶の一種で、技能や手続き、ノウハウを保持するもの

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

手続き記憶とは、長期記憶の一種で、技能や手続き、ノウハウを保持するものです。手続き的記憶あるいは非陳述記憶とも呼ばれます。他にも「技能記憶」、「連合記憶」といった名称もあります。

手続き記憶の特徴は、以下のとおりです。

  • 言葉で説明できないことが多い。
  • 意識しなくとも使える。
  • 繰り返しの練習によって獲得される。
  • 一度獲得されると、長期間にわたって保持される。

手続き記憶の例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自転車の乗り方
  • 楽器の演奏
  • スポーツの技術
  • 言語の使用
  • 日常生活の動作

手続き記憶は、脳の海馬や側頭葉前部に保存されていると考えられています。

手続き記憶は、私たちの日常生活を円滑に行うために不可欠なものです。自転車に乗ったり、楽器を演奏したり、日常生活の動作をしたりするためには、手続き記憶がなければできません。

また、手続き記憶は、私たちの認知能力を向上させるためにも役立ちます。手続き記憶を鍛えることで、脳の処理能力や注意力、集中力などが向上すると考えられています。

手続き記憶を鍛えるためには、繰り返しの練習が効果的です。また、新しいことにチャレンジしたり、苦手なことに取り組んだりするのも、手続き記憶を鍛える良い方法です。

参考URL:
手続き記憶 - 脳科学辞典

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5