寛大効果とは、他者の良い部分は過大評価し、悪い部分は寛大に評価する心理現象のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

寛大効果とは、他者の良い部分は過大評価し、悪い部分は寛大に評価する心理現象のことです。

例えば、ある人が、他の人に対して「優しい」「親切」「思いやりがある」という印象を持った場合、その人が何か失敗やミスをしても、それをあまり責めずに「たまたま失敗しただけ」「誰にでもミスはあるから」と寛大に評価する傾向があります。

寛大効果は、以下の理由によって引き起こされると考えられています。

  • 文化的規範の影響:日本では、人の悪い部分を探すことは良くないことで、積極的に長所を認めるべきという文化的規範があります。そのため、他者の良い部分を過大評価し、悪い部分を寛大に評価する傾向があります。
  • 自己肯定感の維持:人は、自分は良い人だと思いたいという自己肯定感を持っています。そのため、他者を寛大に評価することで、自分も良い人だと感じることができ、自己肯定感を維持することができます。

寛大効果は、日常生活の中でさまざまな場面で影響を与えます。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 人間関係:寛大効果によって、他者に対して好感を抱き、良好な人間関係を築きやすくなります。
  • 仕事やビジネス:寛大効果によって、相手を信頼し、協力しやすくなります。
  • 教育:寛大効果によって、相手の可能性を信じ、成長を促しやすくなります。

寛大効果は、良い面もあれば、悪い面もあります。

良い面としては、他者に対して優しい気持ちを持つことができ、良好な人間関係を築きやすくなります。また、相手の可能性を信じ、成長を促しやすくなります。

悪い面としては、他者の悪い部分を見逃してしまうことで、誤った判断や、相手を甘やかす結果につながる可能性があります。

寛大効果を活用する際には、良い面と悪い面の両方を理解し、適切なバランスで使うことが大切です。

参考URL:
寛大効果について!誰も教えてくれないビジネス心理学 | 一般社団法人アイン

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5