サードウェイブ実験は、1967年にアメリカ合衆国カリフォルニア州の高校で行われた社会学実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

サードウェイブ実験は、1967年にアメリカ合衆国カリフォルニア州の高校で行われた社会学実験です。 高校の歴史教師であるロン・ジョーンズ氏が、第二次世界大戦中にドイツ人がナチス政権の政策をどのように受け入れることができたのかを説明するために実施しました。

実験は、ジョーンズ氏がクラスの生徒に「サードウェイブ」という擬似組織を創設することから始まりました。ジョーンズ氏は、この組織は民主主義の欠点を克服し、より良い社会を築くために作られたものだと生徒たちに説明しました。

ジョーンズ氏は、クラスの生徒に規律、団結、行動、誇りを重んじる価値観を教えました。生徒たちは、サードウェイブの象徴である右腕を突き上げる敬礼をしたり、黒いシャツを着たりするようになりました。

実験は、わずか6日間で終了しました。しかし、その間、サードウェイブは生徒たちの間で急速に広まり、強い影響力を持つようになりました。一部の生徒は、サードウェイブの目的を疑問視したり、脱退したりしましたが、多くの生徒は、サードウェイブの理念に心酔していました。

実験終了後、ジョーンズ氏は、サードウェイブがわずか6日間でこれほどまでに影響力を持つようになったことに驚き、恐怖を感じました。彼は、この実験が、権威主義的な集団がどのようにして人々の心を掌握することができるかを示すものであると結論づけました。

サードウェイブ実験は、権威主義的な集団がどのようにして人々の心を掌握することができるかを示す重要な実験です。この実験は、民主主義の価値観を守るために、人々が権威主義的な集団に警戒しなければならないことを示しています。

参考URL:
サードウェイブ実験 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5