アスペルガー症候群とは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の1つで、知的発達の遅れや言語障害がみられないものの、コミュニケーションや対人関係の障害、こだわり、感覚過敏などの特徴がみられる発達障害

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アスペルガー症候群とは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の1つで、知的発達の遅れや言語障害がみられないものの、コミュニケーションや対人関係の障害、こだわり、感覚過敏などの特徴がみられる発達障害です。

コミュニケーションや対人関係の障害

  • 視線を合わせにくい、相手の表情や仕草を読み取るのが苦手
  • 相手の気持ちや意図を理解するのが苦手
  • 自分の考えや気持ちを伝えるのが苦手
  • 会話が一方通行になりやすい
  • 友達や仲間を作るのが苦手

こだわり

  • 特定の対象や活動に強いこだわりがある
  • 決められた手順やルールを守ることが重要
  • 変化や新しいことに抵抗がある

感覚過敏

  • 音や光、匂いなどの刺激に敏感
  • 触覚や痛みなどの刺激に鈍感

アスペルガー症候群の原因は完全には解明されていませんが、脳の発達に関連していると考えられており、遺伝的要因や環境要因が複合的に影響していると考えられています。

アスペルガー症候群の治療法としては、言語療法やソーシャルスキルトレーニングなどが有効とされています。言語療法では、コミュニケーションや対人関係のスキルを向上させるためのトレーニングを行います。ソーシャルスキルトレーニングでは、社会的な場面で適切な行動をとるためのトレーニングを行います。

アスペルガー症候群の人は、周囲の理解と支援を受けることで、社会生活を送ることが可能です。

アスペルガー症候群の有名人としては、スティーブ・ジョブズ氏やヒュー・グラント氏などが知られています。

参考URL:
アスペルガー | 心療内科 | 医療法人社団奏愛会 | 信愛クリニック

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5