相貌心理学

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

相貌心理学とは、顔の形や特徴から人の性格やパーソナリティを判断する学問です。1937年にフランスの小児精神科医ルイ・コルマンによって創始されました。

相貌心理学では、顔を「脳」「感情」「本能」の3つのゾーンに分け、それぞれのゾーンの特徴から、その人の性格やパーソナリティを判断します。例えば、脳ゾーンが大きい人は知性や理性、感情ゾーンが大きい人は感情や感受性、本能ゾーンが大きい人は行動力や積極性が高いとされています。

また、顔の各パーツの形や大きさからも、その人の性格やパーソナリティを判断します。例えば、目が大きく目力のある人は、好奇心旺盛で、意志が強いとされています。

相貌心理学は、古くからヨーロッパを中心に行われてきた学問で、現在でも一部の心理学者や企業によって研究や応用が行われています。しかし、科学的な根拠が十分にないとして、疑似科学と批判する声もあります。

相貌心理学で性格やパーソナリティを判断する際には、注意が必要です。相貌心理学はあくまでもひとつの指標であり、絶対的な正しさを保証するものではありません。また、顔の特徴は遺伝や環境などによっても左右されるため、相貌心理学で判断された性格やパーソナリティが、必ずしも正しいとは限りません。

相貌心理学は、人の性格やパーソナリティを理解するひとつのヒントとして、参考にすることはできますが、過信することは避けるべきでしょう。

https://www.shigotoba.net/business_interview_2008_hitonoseikakuwokaokararikaisuru.html