ゴッセンの第三法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ゴッセンの第三法則とは?

ゴッセンの第三法則(Gossen's Third Law)は、経済学における法則の一つです。この法則は、19世紀のドイツの経済学者ハーマン・ハインリヒ・ゴッセン(Hermann Heinrich Gossen)によって提唱されました。

ゴッセンの第三法則は、「効用の法則」としても知られています。この法則は、個人の消費行動に関連しています。ゴッセンは、個人が異なる商品やサービスを消費する際に得る効用(満足度や喜び)に注目しました。

ゴッセンの第三法則は以下のように述べられます:「ある商品やサービスの追加的な消費によって得られる効用は、最初の単位あたりの効用よりも低下する傾向がある。」

つまり、ある商品やサービスを消費する際、最初の単位では効用が高く感じられますが、追加的な単位を消費するごとに、得られる効用は徐々に低下していくということです。これは「逓減効用」とも呼ばれます。

この法則は、人々の消費行動を理解する上で重要な概念です。ゴッセンは、人々は有限な資源を持っており、異なる商品やサービスの間で効用を最大化しようとすると考えました。追加的な消費による効用の低下は、人々が限られた予算や時間を最も効果的に使おうとする要因となります。

ゴッセンの第三法則は、経済学における主要な原則の一つとして、現代の消費理論や効用理論の基礎となっています。

https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87_%E3%82%B4%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5