グレゴリー・ラズラン

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アメリカの心理学者であるグレゴリー・ラズランは、1901年にハンガリーで生まれました。1920年にアメリカに移住し、1924年にニューヨーク大学で心理学博士号を取得しました。

ラズランは、行動主義心理学を代表する心理学者の一人です。行動主義心理学は、人間の行動は、環境の刺激によって生み出されると考えます。ラズランは、行動主義心理学に基づいて、様々な実験を行いました。

その中でも、特に有名な実験が「ランチョンテクニック」です。この実験では、被験者にガン治療に関する説得文を、食事前と食事中に読んでもらいました。その結果、食事中に説得文を読んだ被験者は、食事前に説得文を読んだ被験者よりも、説得文の内容に肯定的な意見を持つことがわかりました。

この実験から、食事をすると、相手に対して好印象を与えやすくなり、説得力が増すという心理効果が明らかになりました。この効果は、「ランチョンテクニック」と呼ばれ、ビジネスや営業の場面などで活用されています。

ラズランは、行動主義心理学の研究に多大な貢献をしました。また、ランチョンテクニックなどの研究によって、心理学への理解を深める上で重要な役割を果たしました。

ラズランの業績は、現代の心理学にも大きな影響を与え続けています。

参考URL:
会食で好印象!「ランチョンテクニック」とは?|ビジネスに使える心理学⑤ | オンスク.JP

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5