バラ色の回顧

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

バラ色の回顧とは?

「バラ色の回顧」とは、過去の出来事や経験を美化して、よりポジティブな光で見る傾向を指す表現です。この表現は、回顧(思い出すこと)とバラ色(理想的で楽しい状態)を組み合わせて使われます。

バラ色の回顧は、過去の出来事や経験を後から振り返った際に、問題や困難があったにもかかわらず、それを良い思い出や楽しい経験として記憶する傾向を指します。人々はしばしば、過去の出来事を時間が経つにつれて美化し、ネガティブな要素を薄める傾向があります。このような思考パターンは、記憶の都合の良い歪みやポジティブな自己イメージの維持と関連しているとされます。

バラ色の回顧は、人々が過去の出来事をより楽しいものとして思い出し、幸福感や満足感を得ることにつながるかもしれません。しかし、一方で、バラ色の回顧は過去の現実を歪め、現在の状況や未来の判断に影響を与える可能性もあります。また、一部の人にとっては、過去の出来事を過度に美化することで、現実とのギャップや失望感を感じることもあります。

バラ色の回顧は、主観的な感じ方や個人の思考パターンによって異なる場合があります。人々は一般的に、より良い思い出を選んだり、ポジティブな側面に焦点を当てたりする傾向があることに留意することが重要です。

https://www.jumonji-u.ac.jp/sscs/ikeda/cognitive_bias/cate_m/m_05.html