イエスバット法とは、相手の意見を「そうですね」と肯定した後に「しかし」と否定の意見を述べる方法

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

イエスバット法とは、相手の意見を「そうですね」と肯定した後に「しかし」と否定の意見を述べる方法です。

相手の意見を否定せずに、まずは受け止めることで、相手を尊重し、会話をスムーズに進めることができます。また、自分の意見を述べる前に、相手の意見を肯定することで、相手の承認欲求を満たし、自分の意見を受け入れてもらいやすくなる効果があります。

イエスバット法は、ビジネスシーンや日常生活など、さまざまな場面で活用できる応酬話法です。

具体的な例

  • 相手「この商品は高いですね」
  • 自分「そうですね、確かに高いですね。でも、この商品は機能が充実していて、長く使えるので、コストパフォーマンスは良いと思います」

この例では、相手の「高さ」という意見を肯定した後に、「機能の充実」と「長く使える」というメリットを述べることで、自分の意見を納得してもらいやすくしています。

イエスバット法のポイント

  • 相手の意見を否定せず、まずは肯定する
  • 自分の意見を述べる前に、相手の承認欲求を満たす
  • 自分の意見を述べるときは、具体的な根拠やメリットを示す

イエスバット法をうまく活用することで、相手との関係を良好に保ちながら、自分の意見を効果的に伝えることができます。

参考URL:
イエスバット法は古い?ビジネスに役立つクッション話法を紹介 | Sales Hacker